山野滉平の投稿一覧
3月
11

復興が終わる日

この日東日本大震災が発生してからちょうど一年がたちました。

この日僕は釜石市箱崎町にある学校のグラウンドの清掃作業に参加しました。海に近いこともありグラウンドにはかつて使われていたことであろう陶器の破片、ガラス、赤レンガ、木材、排水管の一部分などがグラウンドの上に転がっていたり埋まっていたりしていました。今回の活動はこれらを可燃物、金属、ガラス、赤レンガ、コンクリートに分別をして集めます。震災から一年の節目の年でもあり活動に参加している人の数もいつもより多かったような気がします。
清掃中に集めている瓦礫などを見ていると防波堤の一部と思われるコンクリートの塊が転がっていたり、津波の力を再認識させられるものがあちらこちらに見受けられることができました。 そしてこの日、作業自体は14時ごろに終了しました。 その後、地震の発生した14時46分に今回の震災で亡くなった方々に黙とうを捧げました。

津波によって倒された防波堤。

津波によって倒された防波堤防波堤

右端の車で防波堤の大きさが分かると思います。

津波によって流された宅地跡

津波によって流された宅地跡住宅地

活動を終えて遠野市に戻ったあと、住民の方のお話を聞くことができました。その方は「震災から一年がたったが、当時に比べて報道の数が減った。3月11日前後は多く報道されるがそれを終えるとまた報道の数が減る。」と仰っていましました。 震災から一年が経過しました。テレビなどの報道数も震災直後に比べて大きく減ってきました。東北から離れた地域で暮らしている人はテレビなどの情報でしか現地の様子を知ることができません。その報道では比較的復興の進んでいる所を取り上げることが多いです。

確かに仮設商店街など復興の兆しとなる施設ができてきています。しかしその報道だけを見るとどうしても復興が進んでいるのだと認識してしまいます。津波で流された住宅の跡地の清掃は人数にもよりますが一日に1軒~2軒が限界でした。この他にも海水で鉄筋が錆びてしまった建物の錆び取りや、カキ養殖のいかだつくりのお手伝いなど復興に向けてしなければならないことはまだまだあります。 震災が発生した当初よりメディアによる報道が減り、東北への関心も当初よりは低くなっていると思います。震災から一年を迎え瓦礫の問題、原発の問題など、復興に向けて自分達に何ができるのかを改めて考え直すべきではないかと思いました。

最後になりましたが復興とは何なのでしょうか?自分が思うにそれは現地の人たちが決めることだと思います。復興の意味は『いったん衰えたものが、再びもとの盛んな状態に返ること。』あります。震災前、現地の方々がどのような生活をしていたかは僕たちには分かりません。再びもとの盛んな状態になったかはその地域に暮らしている人にしか実感できないと思います。その地域に住む方々がそう実感できる日まで復興作業は続くのだと思いました。

大槌町の仮設商店街のお店

大槌町の仮設商店街のお店たこ焼き

3月
9

献本作業

写真①《積まれた本》

写真の本がこの後どうなるか分かるでしょうか?

この本は全国からここ遠野市役所に送られてきた本です。しかしこの本は司書の方たちが何度も献本した結果、本焼けが酷かったり、本の中にラインを引かれていたり、カバーが破れていたりと状態が悪いと判断された本の山です。これらはこの後処理場に行き処分しなければなりませんでした。

今回、僕は遠野市役所が行っている沿岸部の文化復興支援を手伝わせていただきました。ここでの活動は大きく二つの柱からなっています。一つ目は、津波により流され海水や泥などにより汚れた貴重な資料を綺麗に整理する活動です。二つ目は、全国から被災地に向け送られてくる本をジャンルごとに分類する活動です。僕は二つ目の本を分類する活動に主に参加させていただきました。なぜ分類が必要かというと寄付された本をただ沿岸部に送るのでは、送られた側に必要のない本が送られることがあります。これだと、ただ場所をとってしまい邪魔になってしまいます。そこでこの遠野市役所で本を分類し、欲しいと依頼された本を素早く見つけ送ることのできるように分類をしています。その他にも先ほど写真で見ていただいた状態の良い本、悪い本の仕分けも行っています。

写真②《仮の倉庫》

ここは実際その仕分けられた本が保管されている倉庫です。送られてきた本の数は現在までに約25万冊です。送られてくる本の中でもっとも多いのが詩など文芸書に分類されるジャンルの本です。また作品別に見て最も多く送られてきた作品は『星の王子様』の100冊で、次いで『五体不満足』だそうです。寄付される本の傾向としては少し前に流行した本が多いそうです。逆に日曜大工やレシピ本など実用書は不足していて足りないそうです。また倉庫で使っている本棚の数にも限りがあり、現在は東日本大震災の時に倒壊の認定をされ、取り壊しになった遠野市役所の建物で使われていたロッカーなどが本棚の代わりとして使われています。下の写真は現在、本棚として使われている職員のロッカーです。

写真③《仮の本棚》

手伝わせていただいた職員さんが「本を送る際は連絡を入れてほしい」とおっしゃっていました。誠意を無駄にしたくないことや、十分に足りている本を送られてくると場所にも限界があり、保管場所に困るからです。また事前に連絡を入れていると本が到着した際に本の仕分けがスムーズにでき時間の短縮にも繋がります。

僕が手伝わせていただいたこの活動で学んだことは、ただ被災地に物資を送るだけでは迷惑になってしまうということです。ニュースなどでこういったことは耳にしたことはありましたが、実際にその現場を見るとより一層深く考えさせられるものがありました。物資を送る場合は現地でいま本当に何を必要としているのかを理解し、いざ送る場合は連絡するのが良いと思いました。