山根彩香の投稿一覧
3月
10

海の近く。本当に必要とされていること。

 

今日は午前には広田湾の漁師さんたちとイシカリ貝の漁に使われる仕掛けづくりをしました。実際に漁場に入っていくのも、漁を体験するのも、漁師さんとふれあうのも、どれもこれも初めての経験ばかり。潮の香りを感じながら教えていただきながらの作業の中、少し照れくさそうに話しかけてくださいました。漁のこと、災害のことやご家族のことなど様々なお話をする中、着実に近くなっていけていることを感じました。この漁場という場所がそうさせるのでしょうか。漁師さんたちも漁のお話をするときには生き生きとして、ただ海は自分の一部だと、畏敬の気持ちを持ちながらお仕事をされていることが伝わってきました。そんな作業をしながらの時間は皆さんとふれあえるのが楽しくてあっという間でした。休憩も挟んでの午前の時間は仕掛けを完成させ、皆さんと写真を撮りました。

お昼には漁師さんのお宅に伺いました。家が高い場所にあったため地震の被害ですんだそうです。ご家族とともにご飯を頂きながら、お話を聞かせていただきました。そんな中でたくさん考えることがありました。

津波を含め災害のお話ももちろん聴くことができました。津波がやってきたのは1度ではありません。押しては引いていくそれは物凄い音を立てて何度も何度もうっては返しました。それは夜通し続いたといいます。私たちが作業していた作業場も全て水に浸かり、保管していた道具も流され、漁に使っていた船も流され、災害後は片付けから始まりました。そんな中で続いて災害後の行政対応や仮設住宅の現状、保険や保障のお話も聴き、現地の方々の現状を感じ、そのご家族とともにある生活を感じました。しかし、私にはどうすることもできません。そして現地の方々も私たちになにも求めてはいませんでした。若い私たちに出来るのはただ足を運んで、一緒に笑って、話すことでした。「ただ、遊びに来て。笑顔だけもってきて。」と優しく、そして力強く言葉をかけられました。そして、この現状をたくさんみて、感じて。たくさんの人に知らせて欲しいと。ただ来てくれるだけでいい。「大学生が来るよー」といえば朝からはりきって昼食をつくるおばちゃんたち。その場面を思い浮かべただけで、笑顔になりました。様々な人が様々な被害にあっています。しかし、求めておられることの根底にはそういう思いがあるのかもしれないと感じました。

また、私にとってはそのようなお話を聴くことができたと同時に少しの時間ではありましたが実際に漁師さんたちと話し、漁に携わることができたことも収穫でした。海のこと、漁のことを語る漁師さんは本当に輝いて、かっこよくて素敵でした。震災がなければこのタイミングで訪れることもなかったのだと思うとこの出会いを大切にしたいと思います。訪れなければ分からないことはたくさんありましたが、それは言葉にしてしまえば簡単ですがそれを実際に行動して、感じることの大切さに気がつきました。同時に自分がこのような機会をいただけたことに改めて感謝しました。もっとたくさんの人々が現地の方々とかかわり、つながりを持っていけることを信じています。

写真1 広田湾での集合写真。楽しく、充実した時間でした!

3月
7

遠野市役所 文化の復興を目指して(2)

遠野文化研究センターはもともと遠野の文化を調査、研究、発信するために設けられました。しかし、東日本大震災後には海岸沿いの三陸地方への支援を精力的に行っておられます。

 

文化財レスキュー活動は津波の被害に遭った議会資料、新聞スクラップなどを大槌町立図書館からあずかり、様々な方々から教わった知識や技術を生かして修復が行われていました。中でも印象に残ったのはスクウェルチ・パッキング法でした。資料の水分を取るために数ページごとにキッチンペーパーで挟んだ新聞紙をはさみ、布団圧縮袋に入れて掃除機で空気を抜くという作業を3回程繰り返します。資料の修復の1つの段階であると同時に、この方法によって資料に生えたカビの進行を抑えられます。私は様々な方法で資料を守れること、自分の身近にあったものがこのような場面で役立つということに驚き、感心もしました。他にも破れたり穴が開いたりした資料の補修やその後資料を洗浄後に乾かすための大きな扇風機など、いろんな驚きや発見がありました。そしてなにより、このような方法を伝えようとした方々や試行錯誤をされた方々の思いに触れたようで温かい気持ちになりました。

 

また、献本活動では全国から送られてくる書籍を、本を必要としている小中学校や図書館に送っておられます。流れとしては送られてきた書籍の受付、選別、入力、ラベル貼り、箱詰め、保管を経て受け入れ準備の整ったところへ配本が行われます。選別では登録できる本とできない本とに分けます。この選別によって献本活動により提供できる書籍の質が上がる、大切な作業とのことでした。

 

データ入力では一冊ごとにだれが送ってくださったかまでを登録します。ラベルを貼ったあとは、市役所とは別の場所にある大きな倉庫を書庫にして保管しています。作業をされているお部屋には寄贈先の学校からの感謝の色紙やボランティアさんからの手紙などがありました。現在までに約26万冊、最大で1日492箱ものダンボールが送られてくることもあったとか。大切なことは、“読んでほしい“と思うような書籍を贈る。ということでした。たくさんのダンボールを空けても、募集していない雑誌、ラインが引かれた書籍、カバーがない書籍など寄贈には使えない書籍がたくさん。加えて、古い百科事典や自然科学分野の書籍は時を経ると内容が古くなってしまいます。「いらなければ捨ててください」とメッセージが入っていることもあるそうです。捨てる、ということがどれだけの労力になり、手間になるのか、書籍がどれだけ重いのか。私はお話を聞いて「捨ててください。」と送ってくださる方の思いも本当で、ただ現地では量が多くなるほどに対応に精一杯で。どちらも思いも真っ当なだけに、歯がゆくなりました。

 

さて、どうして遠野がこのように沿岸部の復旧・復興を支援しているのでしょうか。それは遠野は古くから三陸沿岸部と内陸部をつなぐ交通・流通の要衝として栄え、三陸沿岸と文化的なつながりが強くあったという背景があります。まず災害直後には衣食住の回復が必要でした。遠野文化研究センターでは、その後の生活における文化の復興のお手伝いとして、これらの活動による文化的な支援を行っています。三陸地方から遠野の仮設住宅にやってきた方々もたくさんいます。

 

この日、実際に被災された臨時職員の方ともお話をすることができました。

 

実際に家が流されてしまったこと。現在仮設住宅に住んでいること。阪神・淡路大震災も経験したこと。それから安否情報のお話や親族の方々についてのお話も少しずつではありましたが聞くことができました。学部で学んだことに現地でも触れることができ、被災されていた方々が私の思っていたよりも様々なお話をしてくださいました。その経験を聞いても私にはなにもコメントすることができないかもしれません。しかし、自らの経験を話してくださいます。それは今、このタイミングでこの場所で出会うことができ、お話しできた、という当たり前だと思えばそれだけで終わってしまうようなことの上に在る、ということに気が付くことができました。

 

 

 

(写真2)スクウェルチ・パッキング法。あなたの家にもある掃除機が登場します。

 

(写真3)エタノールを噴霧した後、紙が破れないように網、不織布で挟み込みます。それを水を張ったバットに浮かべた板の上でハケで泥砂を除去します。

(写真4)資料の水気をある程度ペット用のタオルでとった後、反ったりしないようにろ紙やダンボールに挟みながら夏は数時間、冬は1日扇風機にかけ乾燥させます。

(写真5)泥をとり、新しいスクラップブックに貼り替えます。1枚ずつ手作業です。

 

(写真6)全国から送られてきた書籍です。ピーク時はもっとたくさんでした。

 

(写真7)お手紙も届いており、寄せ書きも飾られています。

3月
6

遠野市役所 文化の復興を目指して

岩手での滞在3日目にして初のボランティア活動を行いました。初めてのことばかりで、とにかくわくわく、どきどき。初日の今日は遠野の市役所で行われている活動に参加させて頂きました。この市役所も実際に地震による被害を受けたこと、現在は別の場所にも市役所が置かれているのだと職員の方に教えていただき、地震の爪痕にただ大きな驚きを覚えました。受けた被害は尾を引いているのだということも少し感じられました。

 

三陸文化復興プロジェクト

この市役所では遠野文化研究センターにより、三陸文化復興プロジェクトという文化の復興への支援が行われています。2011年6月12日から始まり、たくさんのボランティアの方々と共に活動が行われています。このプロジェクトは2つの活動からなっています。

まず、全国から送られてくる書籍の受付、選別、登録、ラベル貼り、保管、配本を行う、献本活動。そして津波によって泥などが付着してしまった、町議会資料や郷土資料、地域新聞のスクラップブックなどを乾かしたり、泥、砂を取り除いたりといった修復を行う文化財レスキュー活動です。

 

その場でいずれかの活動に振り分けられ、私たちは文化財レスキュー活動の新聞のスクラップの貼り替え作業に参加しました。この日はたまたま参加人数が少なく、その分職員の方やこの地域に在住のボランティアの方ともたくさんお話をすることができました。職員の方々にはこの三陸文化復興プロジェクトに関するお話として活動内容だけでなく、感じたことなどもお話していただけました。

 

詳しくは3月6日遠野市役所にて(2)に続きます!

作業現場の市役所の東館。もともとは中央に渡り廊下があったが地震によって中央館が全壊認定を受け、取り壊されました。