矢嶌友恵の投稿一覧
3月
10

鵜(うーの)はまなす商店街‐つどいのひ

今日は鵜(うーの)!はまなす商店街で、「つどいのひ」を開催!!キャンドルを鵜(うーの)はまなす商店街の周辺から集ってくださった方々と並べていく。

 キャンドルはサッポロビールから提供して頂いたもの。その数400個!! 

昨日は「つどいのひ」の宣伝のため釜石町鵜住居地区の仮設へビラ配りに。せっかくなので、迷惑かなと思いつつ一軒づつ「はまなす商店街で~す!」と声かけしてのポスティング。

 扉が開いた!と思ったら、どこかで見た顔…寺前商店の店主さん!そのまた後ろから、ひょっこり顔を出してくれたのは、店主さんの娘さんたち!

 私が、はまなす商店街に来て、最初に仲良くなったのが、この3人姉妹。小1のお姉ちゃん先頭に4歳3歳とはまなす商店街中を元気に駆け回る3人は、この商店街の太陽的存在。震災後は、3人とも警報音がなると自分の大切なおもちゃと車のキーを持って身構えるようになったとお母さんは言う。お姉ちゃんが「お父さんひっぱって行くー!!」といえば、下の二人も「お父さんと行くー!!」とニコニコ笑顔。もう家族そろって参加決定やね。

そんなこんなで、ビラ配りを終えた昨日。頼もしいことに今日は都留文科大学災害ボランティアチームの大学生さんの応援もあって、キャンドルを並べる台紙もあっという間に完成。都留文のみんな、ありがとう!

 午後5時、つどいのひ開始。まだ人数も少ない中で、最初の一灯目を受けとって台紙に置いてくださったのは開始前から商店街で準備の様子を見ていて下さった1人のお母さん。

 昨日、配ったビラを見てきてくださったというのでお礼を言うと、亡くなった旦那さんのために祈りに来たことを話してくださった。「この灯は、お父さん。」と、やさしく微笑んでキャンドルに手を合わせるお母さん。

 大切な命を失った悔しさ、だからと言って泣いても始まらない切なさ、笑顔のお母さんにだって、急にさみしさが込み上げてくるときがあるのかもしれない。明確な答えがあるわけでなくとも、そのままではいられない。そんな複雑な思い。私にできたのは。入り混じる心境のなかで生まれる言葉の一つ一つにしっかり耳を傾けること。 

私に分かったのは。釜石に生きる人との繋がりが、釜石に訪れた人を明日も、何度も、もう一度来ようという意志を強めてくれること。 

お母さんとの縁に、私が今、この地にいる事の意味を改めて教えてもらった。

 それからは、キャンドルの1つ1つにも想いを込めて手渡しをするようになった私。空が暗くなると共に人も増え、キャンドルの周りは地元の人と釜石の外からやってきた人とが交じり合う、語らいの場になった。

 いつのまにか、商店街に集まった全員でキャンドルを囲んで、手をつなぐことになった。明日で震災からちょうど1年。抱く想いは違っても、明日への一歩はみんな一緒に進みたい。

 いわてあおもり復興協議会からの取材もあり、「ふるさとふれあいプロジェクト」のHP内にある『現地からのレポート』に、今日のことを載せてくださっている。

 今宵、鵜(う~の)はまなす商店街!に、つどって頂いた皆様。ありがとうございました。釜石・鵜住居は今日も元気。

背中姿は寺前商店の親子2人。

 

奥に写るのは、郷土料理研究会の政子さんとねおすの伊藤さん(宝来館の番頭!)。

3月
9

”(鵜)う~の!はまなす商店街”にあづまっぺ!!

始めて釜石市鵜住居町にある“う~の!はまなす商店街”へやってきてから3日目。

 

遠野から釜石まで電車でぴったり1時間。

そこから100円で市内を循環するワンコインバスに揺られて20分。

雪景色には慣れても崩れた防波堤や瓦礫の山は、通るたびに力がこもる。

 

ワンコインバスは仮設をくまなく通るので、乗り合った地元の方とお話できるのが利点。

昨日はバスの行き先を間違え慌てて途中下車。

鵜住居行きの路線まで歩いて戻ったものの次のバスは1時間後…。

 

その窮地を救ってくださったのが停留所前の仮設で一服していたお父さん!!

 

はまなす商店街まで車で送ってくださる最中、

車の速度を落として教えてくださったのはお父さんの家があった場所。

いろんな不安や現状を話してくださった。

 

お父さんからいただいた“がんばって”の応援に。

私たち、ふるさと応援隊の団長は釜石のお父さんやと実感。

 

さて。

ここ“う~の!はまなす商店街”では私たち関大生2人は、

北海道のNPO法人“ねおす”の一員として活動中。

何故?
それは、また次に書きます。

まずは明日のキャンドル企画がんばっぺし!

 

写真①:どの辺りにキャンドルを並べるか検討中

2月
29

大槌町の漁師さんに出会った日

2月28日。岩手県沿岸エクスカーション。とてもたくさんの事を感じた1日。お昼から行った大槌町の漁業協同組合。ここの地名は吉里吉里(きりきり)。なんだか可愛いでしょ。(*^_^*)素敵な漁師さんと可愛い鮭の稚魚がいる町。

ここに来るまで通ってきたのは、真っ白がどこまでも続く景色。唯一の高さのあるもといえば、雪にかぶった瓦礫の山。日々、復興がすすんでいるとはいえ、初めて被災地を訪れた私は、ただただ唖然…。

だけど、大槌町の漁場に待っていたのは、たくさんのドキドキとワクワク。新しいろ過装置に新しい番屋。そこまでの努力が言葉の1つ1つから伝わってくる。

<写真1>番屋をお借りして話し合い。津波が来た時のお話に息をのむ。エピソード

冷たい潮風を受けながら火を囲む本場の漁師さんのすがたにドキドキし。網目の細かさの違いに納得し。鮭の稚魚の多さにワクワクし…。見るもの聞くことすべてが新鮮で、何もかもが驚きと発見の連続(・o・)

<写真2>網とイカ漁の電球。近くで見ると結構大きい。

永松先生、桐山さん1日、運転ありがとうございました。そして、とてもとても親切に教えてくださった三浦さん黒澤さん、様々なお話をお聞かせ頂き本当にありがとうございました。また、この場を設定して下さった支援団体グッドネイバーズジャパンの古舘さんにもお礼申し上げます。今再びの吉里吉里へ。また会いたい人がいる。わかめがおいしい大槌の海。

いろんな衝撃にあふれる東北2日目、無事終了。