平井紀梨香の投稿一覧
4月
7

被災の手当はだれに必要なのか

東日本大震災の影響で失業してしまった人への失業手当。

一口に「失業」といっても、その中には家族を養うために絶対に働かなければならない状況にある人、お小遣い稼ぎのようにパートに出ていた人も含まれています。その前者、後者ともに失業保険の対象となっています。

「震災の影響で『何人』の失業者が出ています」という情報がメディアで流されていますが、本当に困っている人はそのうち「何%」の人でしょうか。

 

東日本大震災によって自宅が全壊してしまった人への手当て「150万円」。

この金額は安いと感じるでしょうか。それとも十分だと感じるでしょうか。これは「自宅」が全壊した人への手当ての金額です。立派な一戸建てを構えていた人も、小さなアパートを借りていた人も、岩手県の生活再建支援法では全壊世帯に対して100万円が支給され、その後賃貸住宅に暮らしている人に対してはさらに50万円が追加支給されます。このように一律に扱われる理由は、この制度が損失を補償する制度ではなく、「居住安定」つまり、住まいを失ったということに関して、住まいをあらたに確保するための支援という位置づけだからです。一戸建てを構えていた人にとっては、その金額に対しても、金額が一律であることに対しても不満がたまっています。

 

3月8日に岩手県大船渡市にある「有限会社ラボ・オーフナト」の工場長の星拓也さんにお話を伺いました。星さんは、もともと被災前は陸前高田市で縫製工場の経営をされていたのですが、工場が津波の被害にあい全壊してしまい、紆余曲折を経て現在の職に就かれました。

 有限会社ラボ・オーフナトのみなさん。向かって一番左が星さん。

 

2011年3月11日、星さんは、製品の納品のため会社のある陸前高田市から宮城県に車で向かっている道中に、地震に遭いました。異変を感じた星さんは自分の工場に引き返すことにしました。普段使う海沿いのルートは道路が封鎖されていたため、内陸のルートに変更しましたが、工場に戻ることを諦め途中にある自宅に一旦戻りました。そこで、陸前高田市にも津波の被害が出ていることを知りました。ただその時は「ひどくても床上浸水しているくらいだろう。機械は無事だろうか。」と考えていたそうです。

次の日の朝、山を越えていくルートに変更して陸前高田に向かいました。そして、従業員の安否を確認するため各地の避難所を奔走し、2週間かけて全従業員26名中24名の無事を確認できました。しかし、残念ながら後に2名が犠牲になってしまったことを知りました。また、会社には地震から4日後に行きましたが、基礎とポーチを残して床から上がすべて流されてしまっていました。

避難所にいる限り食料などには困らないと考えた星さんは、会社の従業員は全員女性であることも考慮して、「必需品だが優先順位が一番後回しになってしまうだろう」と考えられるもの、ハンドクリームやリップクリームなど軽い化粧品類を従業員のためにたくさん買って届けました。東京や香港や韓国の子会社からもたくさんの支援物資が送られてきて、星さんが各避難所に配りました。

 

自身も被災者でありながら、他の多くの被災者の支援にもまわられた星さんは、失業手当に対して疑問を持たれています。

手当ての金額が元々の給料より多いことや、病院や薬にかかる費用の無償化や、手当の期間が延長されることなどから、働く必要がないと考えてしまう人が多く出てきてしまい、働く人口がなかなか増えません。働く人口が増えないとまちの復旧・復興はかないません。まちが復興しないと職の口は増えず、人口が流出して過疎化が進み、まちが死んでいってしまうという悪循環に陥ります。そこで星さんは、手当ての待遇を見直し、一人ひとりに合った保障をすることが必要だと言っておられました。

また、行政の一律の対応は働ける人の就業を妨げている可能性もあります。働くことが難しい高齢者と、20代の若者の待遇が一緒だと、この若者に対しては対応が厚すぎると考えられます。

 

人それぞれに、おかれた状況は違うのです。

すべての人に一律な対応をすることは、一見平等であるように見えますが、それは公平ではないように思います。そうかと言って、このような大災害の何万人単位の被災者に対して一人ひとりに個別の対応をすることはできないですから、せめてもう少し括りを細分化するべきです。たとえば、生活再建支援法での「住まいをあらたに確保するための支援」という名目で支給される金額は、震災で0の状態になった人が1からスタートすることに対しての一律の保障ですが、元々の生活水準が違うのですから、よりよい生活をしていた人が不公平に感じてしまうのは当たり前のことです。「一戸建てを持つとバカを見るから賃貸に住みなさい」とローンを払い終えたマイホームで暮らしていた被災者の方に勧められた時には、その気持ちは察するに余りあると感じました。もとの住まいを考慮に入れた保障をすべきです。

 

政府は、不公平だと被災者が感じてしまうような対応を減らし、気持ちの面でも「また立ち上がろう」と思えるような保障を新たに打ち出すべきです。経済的な面でも、就業を促し、また雇用を増やす方策が必要です。

保障が手厚すぎても手薄すぎても、復旧・復興の妨げになるということを学びました。

3月
6

新聞スクラップの修繕

旧遠野市役所で遠野文化研究センターが、「三陸文化復興プロジェクト」の一環として行っている、大槌町立図書館で津波にのまれ、泥だらけになった新聞スクラップの洗浄のお手伝いのボランティアに行ってきました。

遠野文化研究センターは、もともと東日本大震災の発生前にその名の通り遠野の文化を研究するために設立された機関だったのですが、震災後は文化の面で復興の手伝いをすることを決め、現在は、 

①全国から寄付されてきた本を仕分けて、被災した小・中学校や図書館に要望のあった本を送る。

②大槌町の図書館に保存されていて津波にのまれて、濡れて泥まみれになった町議会資料、議事録などの重要な資料や新聞のスクラップなど、主に「ここでしか手に入らない貴重なもの」の乾燥・洗浄・修繕

 という、大きく分けて2つの作業に取り組まれています。

 

今回私は、新聞スクラップの泥を落として、新しいスクラップブックに張りなおすという作業のお手伝いをさせていただきました。

 三陸文化復興プロジェクト(献本活動・文化財レスキュー)三陸文化復興プロジェクト

元のスクラップブックと張り替えた新しいスクラップブックスクラップブック

まずスクラップブックから記事を一枚一枚丁寧に剥がし、付着している固まった泥をヘラやハブラシを使ってきれいに落とします。泥は意外と簡単に落とすことができます。

そのあと新しいスクラップブックに記事を張りなおすという単純な作業なのですが、地道で大変な作業でした。やはり一度濡れてしまっているので、ページ同士がくっついていて、1ページとばして張り替えるなどのミスに気を付けなければならないので、かなり神経を使います。

前回のボランティアの方が一冊の3分の1を張り替えられていた分を担当したのですが、約5時間の作業で、やっとその1冊を完成させました。

 

作業が終わった後は、津波で汚れてしまった本の洗浄作業を教えていただいたり、送られてきた本の仕分け方などを詳しく教えてもらいました。

 作業場の様子作業場

 ちなみに、今まで約25万冊の本が全国から送られてきていますが、まだ仕分けられたのは半分ぐらいだそうです。

 

最後に、献本の際の注意事項として遠野文化研究センターの方は、雑誌や百科事典など、情報が古くなってしまう可能性のある本や、文庫本、汚れた本、名前の書いてある本、あまりにも古い本などは受け取ることはできないということ、「いらないからどうぞ」と添えられている本はたいていこちらもいらない本なので、「読んでほしい」と思う本を送っていただきたいということを仰っていました。