松葉悠見子の投稿一覧
3月
4

3.11に向けて 陸前高田市 上長部

3月1日からの3日間、私たち遠野組先発隊の4人は陸前高田市気仙沼町上長部にてスギの木の皮むきのボランティアに参加しました。私たちがお手伝いをした場所は海から約400~500mの所にあり、今回の東日本大震災の津波による影響でスギの木が海水に浸かってしまったほか、海岸付近にある魚の加工工場自体が流されたため冷凍してあったサンマや鮭・イクラのパックなど約8万トンにも及ぶ魚がこの地に大量に流されました。

NPO法人遠野まごころネットは4月の中旬頃からここの復興活動を始めたそうです。時期が春頃だったため、陸に流された魚が腐り始めたことと悪臭から虫が湧き、復興活動を始動した当時はとても大変だったと言います。瓦礫の撤去作業よりも先に魚を撤去することから始めたそうです。この魚の撤去作業は5月6日まで行われました。その後、瓦礫の撤去作業に移るも瓦礫の下にはまだまだ流された魚がたくさん残っていました。全ての撤去作業が完了したのが7月頃だったのだそうです。夏場の悪臭はさらに酷く、嘔吐する方も中にはいらっしゃったのだとか。このお話から震災当時の過酷さがひしひしと伝わってきます。

私達応援隊は、海水に浸かったスギの木の皮をむくことで木に虫が入り、腐るのを予防し木を再び使用できる状態に戻すというお手伝いをしました。そして再生したこの木で現地のおじちゃん達が製材所を作るという作業を今現在同時進行で行っています。2月21日から始まった三陸の復興を見つめる巡礼の旅・三閉伊ウォークでは、三陸沿岸約300キロを徒歩で進み、震災からちょうど一年となる3月11日に3隊長がここ上長部に向かいゴールを目指しています!それに備え急ピッチで作業を進めている最中です。 

3月11日完成予定の製材所 

製材所

一緒にボランティアをする方々は老若男女問わず、国籍問わずさまざまな方々と共に復興作業のお手伝いをしました。皆さん気さくな方ばかりで作業をしながらも少し会話をするだけですぐに打ち解け、作業場では話がついつい弾みます。お昼休みには毎日「おがさんの会」という地元の方達が汁物を作って下さったり、「ゆべし」や「がんづき」など地元の名物料理も振る舞って下さいました。3日のひな祭りには菱餅まで頂きました。私達はそのお礼にと毎回お賽銭をボックスの中に入れ、「おがさんの会」ではそのお金で食材を買ったりしているそうです。 

「おがさんの会」より頂いた菱餅 

菱餅

ボランティアを始めて3日目ですが、毎日さまざまな人との出会いがあり、ふれあえることが何より私自身を刺激し、新しい何かを得た気持ちがして凄く楽しいですし、私たちが皮むきをした木で製材所が作られていると思うととてもやりがいを感じます。またボランティアに参加されている皆さん、現地の方々共にとても心優しい方ばかりで、すれ違えば交わす気持ちの良い挨拶、ちょっとした心遣いがとても新鮮であたたかいです。私に出来ることはこのブログやtwitterを通じ、現地の「今」をお伝えすること。現地の方に少しでも恩返し出来るようこれからも精一杯頑張ります!

3月
2

ボランティアを見つめなおして

遠野滞在3日目。 

この日の午前に遠野組先発チームの藤井・但馬・矢嶌・松葉の4人は遠野山・里・暮らしネットワークが活動している産業復興会館に行き、代表の菊地新一さんにご挨拶に伺いました。そこで普段遠野山・里・暮らしネットワークの活動内容やボランティアについてのお話を聞くことが出来ました。

 普段どのようなボランティア活動をされているのですか、とお尋ねしたところ瓦礫の撤去作業が8割以上を占めるとのことでした。ボランティアに初めて参加するボランティア初心者の方には地域のネットワーク作りに努めてもらったこともあるそうです。今回の地震の後、地域の方々が離れ離れになってしまった現状もあり、何とか地域のコミュニティーを復興させようとワークショップや足湯を行い、地域の方々が集まる機会を設け、そのお手伝いとして地域のネットワーク作りのボランティアにも取り組んできたのだとお話しくださいました。

 

写真1:EAST LOOPプロジェクト、ハートブローチブローチ 

(写真1説明:EAST LOOPプロジェクト ハートブローチ)また、「EAST LOOP」というブローチを津波の影響で仕事を失くした被災者の方が手編みで一つ一つ作り、販売するといった被災者の労働面における復興にも取り組んでいるそうです。主に震災前は魚の加工場で働いていた方で女性の方がほとんどだそうで、東北・関東で販売するほか京都や大阪の高島屋などの百貨店でも販売しているそうです。私も可愛さのあまり購入してしまいました。被災地の方々と、ハートでつながっていたいという意味を込めシンプルな2つのハートからなるニット製の手編みブローチ。

 

写真2:5種類のハートブローチ5種類のブローチ

 (写真2説明:右上からピンク、水色、赤色、黄色 他キミドリの計5色)カラーも5色展開でデザインが凄く可愛いと思いました。このブローチを作った生産者には商品本体価格の50%が直接届くようになっています。被災された方々が一刻も早く職に就き、経済的に復興できる何かのきっかけになればとこのプロジェクトは立ち上がりました。菊池さんは東日本大震災からもうすぐ1年を経とうとしている今、被災地の状況は日を追うごとに変化してきていると言います。被災地に物資を送っていただくよりかはこのハートのブローチを買っていただいたほうがよっぽど良いボランティアになると語っていました。このお話を聞き、単にボランティアといっても様々な形のボランティアがあるのだと実感しました。被災地の状況が変われば、支援する方法も当然変わるのです。だから常に被災地の今を知ることは凄く大切なことだと実感しました。

 

最後に菊池さんの願いはとにかく被災地に来てほしい。現地に来て何もしなくていい、ただ来てくれるだけで立派なボランティアなのだと。忘れられるのが一番辛いのだと。とにかく被災地に足を運んでいただいて、そしてそこで見た光景を忘れないでいただきたい。それが一番伝えたいことだとおっしゃっていました。 一人でも多くの方が被災地に足を運び、何かを感じることで今後の復興活動、また次の震災に向けての取り組み方に大きく影響するということを知りました。

またfacebookでもサイトを立ち上げており、facebookのEAST LOOPページでは、購入された方の応援メッセージ等も書いていただいております。購入者のお声が聞きたい方はfacebookのEAST LOOPのページをご覧ください。

facebookのEAST LOOPのページはこちらから→www.facebook.com/EASTLOOP