陸前高田市
3月
4

3.11に向けて 陸前高田市 上長部

3月1日からの3日間、私たち遠野組先発隊の4人は陸前高田市気仙沼町上長部にてスギの木の皮むきのボランティアに参加しました。私たちがお手伝いをした場所は海から約400~500mの所にあり、今回の東日本大震災の津波による影響でスギの木が海水に浸かってしまったほか、海岸付近にある魚の加工工場自体が流されたため冷凍してあったサンマや鮭・イクラのパックなど約8万トンにも及ぶ魚がこの地に大量に流されました。

NPO法人遠野まごころネットは4月の中旬頃からここの復興活動を始めたそうです。時期が春頃だったため、陸に流された魚が腐り始めたことと悪臭から虫が湧き、復興活動を始動した当時はとても大変だったと言います。瓦礫の撤去作業よりも先に魚を撤去することから始めたそうです。この魚の撤去作業は5月6日まで行われました。その後、瓦礫の撤去作業に移るも瓦礫の下にはまだまだ流された魚がたくさん残っていました。全ての撤去作業が完了したのが7月頃だったのだそうです。夏場の悪臭はさらに酷く、嘔吐する方も中にはいらっしゃったのだとか。このお話から震災当時の過酷さがひしひしと伝わってきます。

私達応援隊は、海水に浸かったスギの木の皮をむくことで木に虫が入り、腐るのを予防し木を再び使用できる状態に戻すというお手伝いをしました。そして再生したこの木で現地のおじちゃん達が製材所を作るという作業を今現在同時進行で行っています。2月21日から始まった三陸の復興を見つめる巡礼の旅・三閉伊ウォークでは、三陸沿岸約300キロを徒歩で進み、震災からちょうど一年となる3月11日に3隊長がここ上長部に向かいゴールを目指しています!それに備え急ピッチで作業を進めている最中です。 

3月11日完成予定の製材所 

製材所

一緒にボランティアをする方々は老若男女問わず、国籍問わずさまざまな方々と共に復興作業のお手伝いをしました。皆さん気さくな方ばかりで作業をしながらも少し会話をするだけですぐに打ち解け、作業場では話がついつい弾みます。お昼休みには毎日「おがさんの会」という地元の方達が汁物を作って下さったり、「ゆべし」や「がんづき」など地元の名物料理も振る舞って下さいました。3日のひな祭りには菱餅まで頂きました。私達はそのお礼にと毎回お賽銭をボックスの中に入れ、「おがさんの会」ではそのお金で食材を買ったりしているそうです。 

「おがさんの会」より頂いた菱餅 

菱餅

ボランティアを始めて3日目ですが、毎日さまざまな人との出会いがあり、ふれあえることが何より私自身を刺激し、新しい何かを得た気持ちがして凄く楽しいですし、私たちが皮むきをした木で製材所が作られていると思うととてもやりがいを感じます。またボランティアに参加されている皆さん、現地の方々共にとても心優しい方ばかりで、すれ違えば交わす気持ちの良い挨拶、ちょっとした心遣いがとても新鮮であたたかいです。私に出来ることはこのブログやtwitterを通じ、現地の「今」をお伝えすること。現地の方に少しでも恩返し出来るようこれからも精一杯頑張ります!

2月
29

陸前高田市と釜石市を視察

遠野市から陸前高田市へ向かいました。もともと市街地があった場所に着くと、周りには瓦礫の山と少しの建物以外何もありませんでした。まず、陸前高田市の市役所を視察しました。市役所の建物の中には潰れた車が入り込んでいるなど、津波の爪痕はまだはっきりと残っていました。次に、駅を訪れました。ホームの形は残っているものの、駅舎は無く、線路も見当たらず、説明されなければ、駅だとはわからなかったです。

写真1:陸前高田駅のホーム。点字ブロックが雪の下に埋もれていました。雪に隠れたホーム

夏に南三陸町で体験したのと同じように津波の被害状況を目の当たりにして、呆然とし、言葉が出なかったです。また、もうすぐ震災から1年が経つのに復興が想像以上に進んでいないことに驚きました。瓦礫を一か所に集めることまではできるが、その大量の瓦礫を処分できなくて復興が進まず困っているらしいです。

 

その後、釜石市へ向かいました。釜石市に着くと、高台に上がり釜石湾を眺めました。この高台には、[GPS波浪計陸上局舎]や[津波防災監視装置中継所]などの装置があり、津波への対策は出来ていたのだと感じました。この湾には水深60メートルの地点に造った世界最大級の湾口防波堤があり、その防波堤のおかげで津波の到達時間を少し遅らせることができたらしいです。高台から見てわかるくらい、防波堤は津波によって破壊されていました。ここでも、津波の恐ろしさを実感しました。

写真2:釜石湾の湾口防波堤。一部破損していました。破壊された防波堤

続いて、釜石市の市街地も見て回りましたが、陸前高田市ほどの被害状態ではなく、すでに復旧しているお店などもありました。しかし、流されていなくても、『解体可』と外壁に書かれている建物が多くあり、ここもまだまだ復興が進んでいないのだということがわかりました。

瓦礫の受け入れ先を作ることや、復興するための一連の流れをハード面で整えることなど、さまざまな課題が見つけられました。