大槌町
3月
14

大槌町の現状

これが初めての投稿です。

今回は大槌町に着目して書いていこうと思います。

大槌町、、、みなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

ひょっこりひょうたん島で有名な蓬莱島を思いつく人も多いのではないでしょうか。

その蓬莱島も震災前は歩いて行けるように道があったのですが、津波によって道が流されてしまい、今は孤島になってしまっています。

ひょっこりひょうたん島で有名な蓬莱島蓬莱島

 街の復興のためには観光を強化していく必要があるはずです。この蓬莱島の再生こそ大槌町の復興の手助けになるのではないかと感じました。

 

その他にも観光の面だけでなく、この震災の記憶を伝えていくためにも何もかも取り壊していくのではなく、残すべきものは残していく必要があるのではないでしょうか。

すでに安全面の不安や復興に支障が出るという意見が出て今は無くなってしまいましたが、民宿の上に漂流した遊覧船「はまゆり」のインパクトが私的には非常に大きかったので東日本大震災の被害の象徴として個人的に保存して欲しかったです。

 このように赤浜住民からも保存の声があがっていたはまゆり

 

 大槌町は、大きな地震が発生し、それによって津波が押し寄せただけではなく、地震の後、大火災が起きて街中の建物や木などが焼き焦げてしまったそうです。そのせいか残っている多くの建物も黒く焦げ、さらに塩水に一度さらされていることから結局取り壊さなければならないという悲惨な状況でした。

 この大槌町に初めて入ったのは3月7日、この日が初めてのボランティア活動日でした。

私たちが担当していた大槌町の赤浜にはほとんど建物がなく、住宅の敷居と多くのガレキが散乱している状況でした。

地元の方のお話によると、津波が7回も来て、建物や人など根こそぎ流していき、802名の方が亡くなられたそうです。

 

~ボランティア活動~

私たちが担当したのは住宅跡の清掃活動です。住宅跡には敷居だけが残っており、その中には多くの生活用品の破片やガラス片などが散らばり、そのガレキ処理を行いました。野球ボールなどの思い入れのある品々も出てきて、気持ちの面では少し苦しかったですが、心を込めて清掃させていただきました。

 作業風景、手前にあるのはこの宅地跡から出たガレキの山作業風景

 

大槌のガレキ撤去は進んでいるそうですが、多くのガレキが山積みになっており、街が復興していっているというよりかはまだ片づけの途中段階であると感じました。

なかなか難しい問題かもしれませんが、ガレキ引き受けの場所を被災地だけの問題だと考えるのではなく、全国民の問題だと受け止め、一刻も早く決めていくことが復興の一番の近道ではないかと感じました。

道中に見かけたガレキの山瓦礫の山

 

 その他にも大槌町の赤浜で”チロリン村ぽんた”という店を始めた方に震災直後4日間の体験談を話していただきました。

被災直後の生活は私からは考えられないようなものばかりで、避難時の緊迫感や恐怖感、その後の生活の苦しさを知ることができました。

 

前回はボランティアの休憩時間を利用してのお話だったのであまり詳しいことをお聴きすることが出来なかったので、

帰るまでにもう一度、大槌町の”チロリン村ぽんた”に行って、なぜまた沿岸部に開店したのか、などの経緯や詳しいお話を聴いてみたいと思います。

その内容はまた次回の更新で書きたいと思うので、またよろしければ読んでください。

2月
29

大槌町の漁師さんに出会った日

2月28日。岩手県沿岸エクスカーション。とてもたくさんの事を感じた1日。お昼から行った大槌町の漁業協同組合。ここの地名は吉里吉里(きりきり)。なんだか可愛いでしょ。(*^_^*)素敵な漁師さんと可愛い鮭の稚魚がいる町。

ここに来るまで通ってきたのは、真っ白がどこまでも続く景色。唯一の高さのあるもといえば、雪にかぶった瓦礫の山。日々、復興がすすんでいるとはいえ、初めて被災地を訪れた私は、ただただ唖然…。

だけど、大槌町の漁場に待っていたのは、たくさんのドキドキとワクワク。新しいろ過装置に新しい番屋。そこまでの努力が言葉の1つ1つから伝わってくる。

<写真1>番屋をお借りして話し合い。津波が来た時のお話に息をのむ。エピソード

冷たい潮風を受けながら火を囲む本場の漁師さんのすがたにドキドキし。網目の細かさの違いに納得し。鮭の稚魚の多さにワクワクし…。見るもの聞くことすべてが新鮮で、何もかもが驚きと発見の連続(・o・)

<写真2>網とイカ漁の電球。近くで見ると結構大きい。

永松先生、桐山さん1日、運転ありがとうございました。そして、とてもとても親切に教えてくださった三浦さん黒澤さん、様々なお話をお聞かせ頂き本当にありがとうございました。また、この場を設定して下さった支援団体グッドネイバーズジャパンの古舘さんにもお礼申し上げます。今再びの吉里吉里へ。また会いたい人がいる。わかめがおいしい大槌の海。

いろんな衝撃にあふれる東北2日目、無事終了。

2月
29

復興への大きな一歩 復興食堂

今日はお昼に大槌町にある復興食堂に行きました。

<写真1>復興食堂の入り口

復興食堂

 

私は、大槌名物の鮭とイクラをふんだんに使った、おらが丼をいただきました。新鮮なので、すごく美味しかったです。

<写真2>実際に私が食べたおらが丼(おれらの丼)

おらが丼

 

そこでこの食堂を立ち上げた、一般社団法人「おらが大槌夢広場」の小川さんに話を伺いました。この法人では、研修ツアーや企業から派遣された方の案内役をされているそうです。また小川さんは以前、住宅関連のお仕事をされて、東日本大震災を機にこの食堂を立ち上げられました。

今この土地には建物が建てられないそうです。なぜなら復興計画がまだ決められていないそうです。まだ行政が追いついていない象徴だと思いました。でも私が夏に大槌町に行ったときには、復興食堂はなく、町の大きなショッピングモールが被災して悲惨な状況でした。しかし今日行ってみると、そのショッピングモールは再開され、実際に買い物をすることができました。また通り道には仮設のコンビニなどもあり、復興が進んでいることを実感でき本当に感激しました。大槌町に入った瞬間、復興の兆しを感じとれ、喜びでいっぱいでした。地域の方も前向きに進んでいることがわかり、あの津波を経験しても、またここに住みたいと言っておられました。復興食堂の方はみなさん笑顔で、あたたかい方ばかりでした。私は全力で応援したいと思います。

この食堂には復興支援として、浜のミサンガやチョコボを販売しています。これをもっと販売範囲を広げることや、多くの方に知って貰うことで大槌を知り、大槌町の復興につながると私は考えます。