久慈班
4月
4

道の駅おおののあり方

道の駅おおのは、JR久慈駅からバスで40分ぐらいのところにあります。

(写真1)

ここは、道の駅といっても、すごく大きな施設です。宿泊施設や天文台や馬やアヒル、羊などの動物と触れ合うことができます。また一番の特徴は、木工房、陶芸工房、ガラス工房、裂き織り工房といった体験施設が充実していることです。よく小学校などの遠足などで利用されることも多いそうです。 木工体験では、コースターやスプーンなどを木材で作る体験ができます。

(写真2)

大野木工とは、原木の木からお皿やお箸などの食器を手作りで職人さんが作られています。大野木工で作られた食器は、保育園などの給食の器として導入されており、盛岡では約3割の保育園が導入しているそうです。やはり木からできているため、落としても割れないので、安心して利用できます。私は、実際に木工食器を見せていただいて、すごく木の温もりを感じました。また一つ一つ手作りのため、木目が違っていたりして同じものはありません。だからこそ、一つ作るのにも大変で、職人さんにしかできない技だなと感じました。 裂き織り体験では、昔話の鶴の恩返しで出てきたようなはたおり機を使うことができます。なかなかできない体験だと感じました。裂き織りは大野に受け継がれてきた暮らしの知恵の一つで、古布をひものように裂いたものを横糸にして、織り直す織り方です。職人さんだと、かばんを織ったりしておられるそうです。 このような大野伝統の技術を生かした、体験施設を利用して人を呼んでいます。  またおおのは、「一人一芸の里」としても知られています。なぜ「一人一芸の里」と言われているのかと言うと、この道の駅おおののある洋野町では、一次産業が農業でした。しかし農業ではなかなか食べていけないため、都市部に移駐する人が多かった。そこで地域おこしをと「一人一芸の里」が掲げられ、一人に一つ何か芸を持とうと提案されたそうです。

 

そのひとつが、大野木工です。そして一人一芸をもち、そこから地域づくり、村づくりとして、大野木工や裂き織りを行い、またそれを観光客に体験してもらうことで商品化しようと体験施設がたてられました。体験を含めて産業化していこうとしているそうです。  体験施設だけでなく、産直があり地元の美味しいものもそろっていますし、なんと言っても名物の赤鳥ラーメンは最高に美味しかったです。

(写真3)

やはり冬にもっと楽しめるイベントを企画したりすることで、来客者も増やせると感じました。  しかしお客さんに来てもらうといっても、おおのは山の中ですし、車やバスなどが必要になります。しかしバスの本数が非常に少なく、土日はJR久慈駅からは一日に2本ぐらいしかありません。やはりまずは、交通面を改善すべきです。せめて土日だけでもシャトルバスを運行するなどの対策が必要です。

3月
20

『食』を通した観光のアプローチ

震災で被害を受けた三陸沿岸に人を呼ぼう!!、ということで、様々な取り組みが行われています。 

そのひとつが、「駅―1(エキイチ)グルメ」というものです。

もともと三陸沿岸は海の幸だらけで、その土地で何を食べたらよいのかが分かりませんでした。そのため貫牛さんをはじめとした有志の方たちが、地域の人たちと一緒にその地域に合うおすすめメニューを考え、商品化したものです。三陸沿岸の陸前高田から八戸まで、3県に跨って、23駅、30店が対象店舗です。

いわば食を通しての地域おこしと言えるでしょうか。もともと昨年からあった企画でしたが震災の影響を受け中断、今回第二弾として再開しました。

パンフレットパンフレット

今回は、そのうち2つを紹介したいと思います。

洋野町・種市駅の「はまなす亭 本店」は、天然ホヤが命のお店。もともとは海岸沿いに店を設けていましたが、今回の震災でお店が流されてしまいました。それでもなんとか営業を再開することができ、再びおいしいホヤ料理や、海鮮ラーメンを食べることができるようになりました。

もともとこの周辺は、稚ウニを飼育する、ウニ栽培漁業センターがありました。観光コースではセンターを見学し、ここのお店でご飯を食べる、というルートとなっていました。センターはまだ完全に復活していないので、いつかまた震災前と同じルートの旅行を復活することができたらよいな、と感じました。

 はまなす亭で提供される「庭のはまなす丼」。ホヤのから揚げが入っています。庭のはまなす丼

 もう一つは、久慈駅の「まめぶの家」。

そもそも、「まめぶ」をご存知でしょうか。「まめぶ」とは、久慈の郷土料理です。一見、すいとんのようですが、小麦粉で作った団子の中に、クルミが入っているのが最大の特徴です。一口食べるとクルミと砂糖の甘さが口の中に広がります。久慈市の旧山形村地域では、まめぶがお祝いの時に食べる料理として定着しています。

この料理は昨年のB-1グランプリにも出場し、知名度は年々上がっています。全国区に「まめぶ」の名が轟く日もそう遠い話ではないかもしれません。

まめぶ汁。まめぶが5個入っていて、あとは椎茸やニンジンなど。まめぶ汁

これは、岩手県中核観光コーディネーターの草野さんがおっしゃっていたことですが、三陸沿岸の北部は、景勝地を含む観光地、という魅力があります。しかし、南部は震災で被害を受けてしまったので、現在はそのような魅力がない状態になってしまっているとのことです。

それでも、三陸沿岸の北部と南部共通している魅力があります。それは、「食」の魅力です。

有名旅行雑誌の調査によると、旅行の目的は「食」と「温泉」が、上位2項目を占めているということです。つまり、美味しかったり、珍しいような「食」があれば、人を呼ぶことができるというわけなのです。

 

富士宮市の富士宮焼きそばみたく、「久慈と言えばまめぶ!」という風に売り込むことができたら、久慈へ来るきっかけができます。観光客の数も増え、地域経済も豊かになるでしょう。「食」を通した観光客へのアプローチ。十分成り立つと思います。

3月
17

野田村の人と人とのつながり

野田村はメインの通りが被災しており、仮設住宅も三か所に分けて作られています。私が訪れた仮設住宅の集会所では、5人の方がさをり織でコースターを作っておられました。

仮設の方が作られていたコースターコースター

これは売り上げの一部が、この作っている方々の利益になります。また、さをり織は青森の伝統のもので、さをり織をしている会社からの支援で、さをり織を教えてもらい、作られているそうです。みなさん丁寧に作られていて、前向きに楽しみながら作業されていました。

お昼には、最近仮設店舗にオープンした「十府ヶ浦食堂」に行きました。このお店は震災前、海岸沿いにあったためお店は流されたため、この仮設店舗に移られ、再開されたそうです。磯ラーメンを食べました。あっさりとしていて、塩ベースなので塩の味が効いていて、すごく美味しかったです。関西では絶対に食べられない味だと思いました。

磯ラーメン磯ラーメン

また米田さんという方が作られている豆腐もいただいたのですが、ふわふわで豆腐自体にすごく味があり、醤油なしでも美味しくいただけます。米田さんも震災によって、工場が被災し今は仮設店舗でとうふを作ったり、田楽を作ったりしておられます。

それからお顔見知りになった方にご一緒させていただき、キルトのお披露目に参加させていただきました。キルトは被災した方々が集まってみなさんで、分担して作られたものです。

キルト会のみなさんで作られたキルトキルト

このキルトは弘前から先生が来られて、教えてもらいながら作られたそうです。一つ一つ丁寧に縫われていて、とても素人の方が作ったようには思えませんでした。

私は支援というのは被災直後に食べ物や日用品を送ったり、瓦礫の撤去などのイメージが強かったです。しかし今回野田村に入り、被災後の復興中の過程を知りました。そのなかで弘前からキルトの先生が来て、被災した方にその技術を提供するといった支援は想像もつかないことでした。やはり被災してから時間が経つにつれて物資を送るとかではなく、被災者の方たちが自ら行動するための手助けとして技術者や指導者が必要なのだと思いました。

また、村自体の人と人とのつながりの深さに感激しました。野田村の米田地区では被災当初公会堂に避難していたそうです。すると被災していない山沿いの地域の方が、あるものを持ち寄りみんなにふるまったそうです。やはり人と人とのつながりが深いからできることであり、例えば大阪のように、その地区の人たち同士が顔も知らない人がいる環境ではできないことではないかと考えます。

 

 

3月
16

リーダーシップをとれる人、雇用を生み出せる人

「三陸鉄道と沿線地域の在り方」記事で書いた草野さんは元々大手広告代理店プロデューサーをやっておられる方です。

現在は岩手県中核観光コーディネーター、ソウルオブ東北岩手プロジェクトプロデューサー、西和賀町地域復興アドバイザー会議委員、イオン盛岡南SC「結いの市」監修兼管理者、岩手県観光協会評議員など、アイデアや新しい発想に富んで岩手県全域で幅広い活動をしてらっしゃるためとてもここでは紹介しきれません。

そんな草野さんいわく「現場、現実、現状、この3つを理解したうえで企画力と決断力のある人が活力ある活動には必要」だそうです。

お話を伺わせていただいた草野悟さん草野悟さん

私たちがお世話になっている久慈観光協議会観光コーディネーターの貫牛さんもおそらく上に挙げた条件を満たす企画力リーダー体質の人であり、色々なアイデアを提案して既存の観光コーディネーターとしての仕事以外にも周辺の店の商品のプロデュースや道の駅でのイベント企画などを行っていらっしゃり目が回るような忙しさで働いていらっしゃるように見えました。

震災後に復活した食堂の新メニュー開発に携わる貫牛さん。(オレンジ色のジャンパーの方です)この日は試食会で私たちも参加させて頂きました。)試食会

そういった企画力のあるリーダーは自分の企画によって多くの人間を動かし、ひいては雇用を生み出し社会を変えていく力をもっています。そんな人材はただ漫然と待っていてもなかなか出てこないためそのポテンシャルのある人を育てることも草野さんの仕事だそうです。

確かに決まった仕事のなかで真面目に仕事をこなす人というのは大勢いますし、ただでさえ昨今の科学技術の進歩によって決められた作業を行うことはたやすいこととなっています。

しかし「今までにない発想で企画を打ち立てて実行する」ということは並大抵のことではありません。

東京、大阪などに大企業が集中し、平均収入が高いことからもやはり地方と都市部には明らかな差があります。

それは今何度も挙げている「企画力のあるリーダー」が都市部に流れてゆくためじゃないかと私は考えます。

地方団体が「企画力のあるリーダー」育成に力を入れ、そういった人材が増えれば斬新な考えが多く生まれ、三陸の活力アップのみならず都市部と地方の経済格差や、ひいては都市部集中型の経済を地方に分散することも可能なのではと思います。

 

3月
15

~三陸鉄道・再開PR動画撮影会~

4月1日に北リアス線陸中野田駅から田野畑駅間の運行が再開します。その再開を喜び、また震災復興支援への全国、全世界への方々への感謝の気持ちを表すため、「笑顔をつなぐ、ずっと・・・」をテーマに再開PR動画の撮影会が行われました。私たちはその撮影会に参加し、三陸鉄道の現状などを学びました。

久慈市→野田村→普代村の順で移動し、PR動画を撮影しました。この撮影会には小学生の子供たちからご年配の方まで、幅広い年齢層の地元の方々が参加していました。参加者の様子を見ていると、三陸鉄道は本当に地元の方々に愛されているのだと感じました。

楽しく電車ごっこでPR

しかし、三陸鉄道は震災前の通常運行状況でも乗車客は少なく、経営が難しかったといいます。「年に一度は三陸鉄道に乗ろう」というポスターが作られるくらいです。その経営難の背景には、北岩手沿岸部の車社会があります。地元の人々の主な交通手段は自動車です。そのため、鉄道を使うのは車を運転できない幼い年齢層とご年配の年齢層です。時刻表を見ると、電車が来るのは約1、2時間に1本と、大変少ないと感じました。電車の本数が少ないから鉄道を利用せず自動車で移動するようになる。自動車での移動が増え、鉄道の利用が少なくなると電車の本数がさらに少なくなるという負の連鎖になっていると思いました。この現状を改善するには、今以上に鉄道の魅力を発見し、PRすることが必要です。

 

今回の再開PR動画が三陸鉄道をさらに活気づける一つのきっかけとなり、いつまでも地元の人々に愛され続ける三陸鉄道であってほしいと思います。

 

(PR動画は3月中下旬にYouTubeなどで広く公開される予定です。)

運休中の線路上に入らせてもらいました。