2月
29

陸前高田市と釜石市を視察

Category 遠野班, 釜石市, 陸前高田市     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠野市から陸前高田市へ向かいました。もともと市街地があった場所に着くと、周りには瓦礫の山と少しの建物以外何もありませんでした。まず、陸前高田市の市役所を視察しました。市役所の建物の中には潰れた車が入り込んでいるなど、津波の爪痕はまだはっきりと残っていました。次に、駅を訪れました。ホームの形は残っているものの、駅舎は無く、線路も見当たらず、説明されなければ、駅だとはわからなかったです。

写真1:陸前高田駅のホーム。点字ブロックが雪の下に埋もれていました。雪に隠れたホーム

夏に南三陸町で体験したのと同じように津波の被害状況を目の当たりにして、呆然とし、言葉が出なかったです。また、もうすぐ震災から1年が経つのに復興が想像以上に進んでいないことに驚きました。瓦礫を一か所に集めることまではできるが、その大量の瓦礫を処分できなくて復興が進まず困っているらしいです。

 

その後、釜石市へ向かいました。釜石市に着くと、高台に上がり釜石湾を眺めました。この高台には、[GPS波浪計陸上局舎]や[津波防災監視装置中継所]などの装置があり、津波への対策は出来ていたのだと感じました。この湾には水深60メートルの地点に造った世界最大級の湾口防波堤があり、その防波堤のおかげで津波の到達時間を少し遅らせることができたらしいです。高台から見てわかるくらい、防波堤は津波によって破壊されていました。ここでも、津波の恐ろしさを実感しました。

写真2:釜石湾の湾口防波堤。一部破損していました。破壊された防波堤

続いて、釜石市の市街地も見て回りましたが、陸前高田市ほどの被害状態ではなく、すでに復旧しているお店などもありました。しかし、流されていなくても、『解体可』と外壁に書かれている建物が多くあり、ここもまだまだ復興が進んでいないのだということがわかりました。

瓦礫の受け入れ先を作ることや、復興するための一連の流れをハード面で整えることなど、さまざまな課題が見つけられました。

 

 

 

 

2 コメント “陸前高田市と釜石市を視察”

  • admin 2012年2月29日 10:46 PM

    夏の南三陸町を訪れたときから半年の月日が流れていますが、そのときと比べて復興は進んでいると感じましたか。

  • 白井 久也 2012年3月2日 1:07 AM

    コメントありがとうございます。
    そうですね、今回南三陸町を訪れたわけではないので一言では言えないのですが、あまり変わってない印象を受けました。
    瓦礫もいちおう片づけられているのですが、それを最終処分場まで持って行けてない現状。これは早急に何とかしないといけないと考えます。