3月
14

大槌町の現状

Category 大槌町     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これが初めての投稿です。

今回は大槌町に着目して書いていこうと思います。

大槌町、、、みなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

ひょっこりひょうたん島で有名な蓬莱島を思いつく人も多いのではないでしょうか。

その蓬莱島も震災前は歩いて行けるように道があったのですが、津波によって道が流されてしまい、今は孤島になってしまっています。

ひょっこりひょうたん島で有名な蓬莱島蓬莱島

 街の復興のためには観光を強化していく必要があるはずです。この蓬莱島の再生こそ大槌町の復興の手助けになるのではないかと感じました。

 

その他にも観光の面だけでなく、この震災の記憶を伝えていくためにも何もかも取り壊していくのではなく、残すべきものは残していく必要があるのではないでしょうか。

すでに安全面の不安や復興に支障が出るという意見が出て今は無くなってしまいましたが、民宿の上に漂流した遊覧船「はまゆり」のインパクトが私的には非常に大きかったので東日本大震災の被害の象徴として個人的に保存して欲しかったです。

 このように赤浜住民からも保存の声があがっていたはまゆり

 

 大槌町は、大きな地震が発生し、それによって津波が押し寄せただけではなく、地震の後、大火災が起きて街中の建物や木などが焼き焦げてしまったそうです。そのせいか残っている多くの建物も黒く焦げ、さらに塩水に一度さらされていることから結局取り壊さなければならないという悲惨な状況でした。

 この大槌町に初めて入ったのは3月7日、この日が初めてのボランティア活動日でした。

私たちが担当していた大槌町の赤浜にはほとんど建物がなく、住宅の敷居と多くのガレキが散乱している状況でした。

地元の方のお話によると、津波が7回も来て、建物や人など根こそぎ流していき、802名の方が亡くなられたそうです。

 

~ボランティア活動~

私たちが担当したのは住宅跡の清掃活動です。住宅跡には敷居だけが残っており、その中には多くの生活用品の破片やガラス片などが散らばり、そのガレキ処理を行いました。野球ボールなどの思い入れのある品々も出てきて、気持ちの面では少し苦しかったですが、心を込めて清掃させていただきました。

 作業風景、手前にあるのはこの宅地跡から出たガレキの山作業風景

 

大槌のガレキ撤去は進んでいるそうですが、多くのガレキが山積みになっており、街が復興していっているというよりかはまだ片づけの途中段階であると感じました。

なかなか難しい問題かもしれませんが、ガレキ引き受けの場所を被災地だけの問題だと考えるのではなく、全国民の問題だと受け止め、一刻も早く決めていくことが復興の一番の近道ではないかと感じました。

道中に見かけたガレキの山瓦礫の山

 

 その他にも大槌町の赤浜で”チロリン村ぽんた”という店を始めた方に震災直後4日間の体験談を話していただきました。

被災直後の生活は私からは考えられないようなものばかりで、避難時の緊迫感や恐怖感、その後の生活の苦しさを知ることができました。

 

前回はボランティアの休憩時間を利用してのお話だったのであまり詳しいことをお聴きすることが出来なかったので、

帰るまでにもう一度、大槌町の”チロリン村ぽんた”に行って、なぜまた沿岸部に開店したのか、などの経緯や詳しいお話を聴いてみたいと思います。

その内容はまた次回の更新で書きたいと思うので、またよろしければ読んでください。

1 コメント “大槌町の現状”

  • taniguchi 2012年3月15日 9:11 AM

    大槌町赤浜の様子は、TVで見ていたような被害光景であっても様々に感じることがあったと思います。それは、空気であったり、その空気のニオイ、地元を歩く方の姿、ボランティアに来ている方の雰囲気などです。海の近くに最近オープンした「チロリン村 ぽんた」からは、キラキラと光る海と蓬莱島が一望出来たと思います。その海の豹変した姿を知っている被災者の方は、何を感じ、何を思って、今お店を出しているのか、そういったお話は是非多くの方に伝えていきたいですね。