2012年4月 アーカイブ
4月
7

被災の手当はだれに必要なのか

東日本大震災の影響で失業してしまった人への失業手当。

一口に「失業」といっても、その中には家族を養うために絶対に働かなければならない状況にある人、お小遣い稼ぎのようにパートに出ていた人も含まれています。その前者、後者ともに失業保険の対象となっています。

「震災の影響で『何人』の失業者が出ています」という情報がメディアで流されていますが、本当に困っている人はそのうち「何%」の人でしょうか。

 

東日本大震災によって自宅が全壊してしまった人への手当て「150万円」。

この金額は安いと感じるでしょうか。それとも十分だと感じるでしょうか。これは「自宅」が全壊した人への手当ての金額です。立派な一戸建てを構えていた人も、小さなアパートを借りていた人も、岩手県の生活再建支援法では全壊世帯に対して100万円が支給され、その後賃貸住宅に暮らしている人に対してはさらに50万円が追加支給されます。このように一律に扱われる理由は、この制度が損失を補償する制度ではなく、「居住安定」つまり、住まいを失ったということに関して、住まいをあらたに確保するための支援という位置づけだからです。一戸建てを構えていた人にとっては、その金額に対しても、金額が一律であることに対しても不満がたまっています。

 

3月8日に岩手県大船渡市にある「有限会社ラボ・オーフナト」の工場長の星拓也さんにお話を伺いました。星さんは、もともと被災前は陸前高田市で縫製工場の経営をされていたのですが、工場が津波の被害にあい全壊してしまい、紆余曲折を経て現在の職に就かれました。

 有限会社ラボ・オーフナトのみなさん。向かって一番左が星さん。

 

2011年3月11日、星さんは、製品の納品のため会社のある陸前高田市から宮城県に車で向かっている道中に、地震に遭いました。異変を感じた星さんは自分の工場に引き返すことにしました。普段使う海沿いのルートは道路が封鎖されていたため、内陸のルートに変更しましたが、工場に戻ることを諦め途中にある自宅に一旦戻りました。そこで、陸前高田市にも津波の被害が出ていることを知りました。ただその時は「ひどくても床上浸水しているくらいだろう。機械は無事だろうか。」と考えていたそうです。

次の日の朝、山を越えていくルートに変更して陸前高田に向かいました。そして、従業員の安否を確認するため各地の避難所を奔走し、2週間かけて全従業員26名中24名の無事を確認できました。しかし、残念ながら後に2名が犠牲になってしまったことを知りました。また、会社には地震から4日後に行きましたが、基礎とポーチを残して床から上がすべて流されてしまっていました。

避難所にいる限り食料などには困らないと考えた星さんは、会社の従業員は全員女性であることも考慮して、「必需品だが優先順位が一番後回しになってしまうだろう」と考えられるもの、ハンドクリームやリップクリームなど軽い化粧品類を従業員のためにたくさん買って届けました。東京や香港や韓国の子会社からもたくさんの支援物資が送られてきて、星さんが各避難所に配りました。

 

自身も被災者でありながら、他の多くの被災者の支援にもまわられた星さんは、失業手当に対して疑問を持たれています。

手当ての金額が元々の給料より多いことや、病院や薬にかかる費用の無償化や、手当の期間が延長されることなどから、働く必要がないと考えてしまう人が多く出てきてしまい、働く人口がなかなか増えません。働く人口が増えないとまちの復旧・復興はかないません。まちが復興しないと職の口は増えず、人口が流出して過疎化が進み、まちが死んでいってしまうという悪循環に陥ります。そこで星さんは、手当ての待遇を見直し、一人ひとりに合った保障をすることが必要だと言っておられました。

また、行政の一律の対応は働ける人の就業を妨げている可能性もあります。働くことが難しい高齢者と、20代の若者の待遇が一緒だと、この若者に対しては対応が厚すぎると考えられます。

 

人それぞれに、おかれた状況は違うのです。

すべての人に一律な対応をすることは、一見平等であるように見えますが、それは公平ではないように思います。そうかと言って、このような大災害の何万人単位の被災者に対して一人ひとりに個別の対応をすることはできないですから、せめてもう少し括りを細分化するべきです。たとえば、生活再建支援法での「住まいをあらたに確保するための支援」という名目で支給される金額は、震災で0の状態になった人が1からスタートすることに対しての一律の保障ですが、元々の生活水準が違うのですから、よりよい生活をしていた人が不公平に感じてしまうのは当たり前のことです。「一戸建てを持つとバカを見るから賃貸に住みなさい」とローンを払い終えたマイホームで暮らしていた被災者の方に勧められた時には、その気持ちは察するに余りあると感じました。もとの住まいを考慮に入れた保障をすべきです。

 

政府は、不公平だと被災者が感じてしまうような対応を減らし、気持ちの面でも「また立ち上がろう」と思えるような保障を新たに打ち出すべきです。経済的な面でも、就業を促し、また雇用を増やす方策が必要です。

保障が手厚すぎても手薄すぎても、復旧・復興の妨げになるということを学びました。

4月
4

道の駅おおののあり方

道の駅おおのは、JR久慈駅からバスで40分ぐらいのところにあります。

(写真1)

ここは、道の駅といっても、すごく大きな施設です。宿泊施設や天文台や馬やアヒル、羊などの動物と触れ合うことができます。また一番の特徴は、木工房、陶芸工房、ガラス工房、裂き織り工房といった体験施設が充実していることです。よく小学校などの遠足などで利用されることも多いそうです。 木工体験では、コースターやスプーンなどを木材で作る体験ができます。

(写真2)

大野木工とは、原木の木からお皿やお箸などの食器を手作りで職人さんが作られています。大野木工で作られた食器は、保育園などの給食の器として導入されており、盛岡では約3割の保育園が導入しているそうです。やはり木からできているため、落としても割れないので、安心して利用できます。私は、実際に木工食器を見せていただいて、すごく木の温もりを感じました。また一つ一つ手作りのため、木目が違っていたりして同じものはありません。だからこそ、一つ作るのにも大変で、職人さんにしかできない技だなと感じました。 裂き織り体験では、昔話の鶴の恩返しで出てきたようなはたおり機を使うことができます。なかなかできない体験だと感じました。裂き織りは大野に受け継がれてきた暮らしの知恵の一つで、古布をひものように裂いたものを横糸にして、織り直す織り方です。職人さんだと、かばんを織ったりしておられるそうです。 このような大野伝統の技術を生かした、体験施設を利用して人を呼んでいます。  またおおのは、「一人一芸の里」としても知られています。なぜ「一人一芸の里」と言われているのかと言うと、この道の駅おおののある洋野町では、一次産業が農業でした。しかし農業ではなかなか食べていけないため、都市部に移駐する人が多かった。そこで地域おこしをと「一人一芸の里」が掲げられ、一人に一つ何か芸を持とうと提案されたそうです。

 

そのひとつが、大野木工です。そして一人一芸をもち、そこから地域づくり、村づくりとして、大野木工や裂き織りを行い、またそれを観光客に体験してもらうことで商品化しようと体験施設がたてられました。体験を含めて産業化していこうとしているそうです。  体験施設だけでなく、産直があり地元の美味しいものもそろっていますし、なんと言っても名物の赤鳥ラーメンは最高に美味しかったです。

(写真3)

やはり冬にもっと楽しめるイベントを企画したりすることで、来客者も増やせると感じました。  しかしお客さんに来てもらうといっても、おおのは山の中ですし、車やバスなどが必要になります。しかしバスの本数が非常に少なく、土日はJR久慈駅からは一日に2本ぐらいしかありません。やはりまずは、交通面を改善すべきです。せめて土日だけでもシャトルバスを運行するなどの対策が必要です。