3月
10

海の近く。本当に必要とされていること。

Category 遠野班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今日は午前には広田湾の漁師さんたちとイシカリ貝の漁に使われる仕掛けづくりをしました。実際に漁場に入っていくのも、漁を体験するのも、漁師さんとふれあうのも、どれもこれも初めての経験ばかり。潮の香りを感じながら教えていただきながらの作業の中、少し照れくさそうに話しかけてくださいました。漁のこと、災害のことやご家族のことなど様々なお話をする中、着実に近くなっていけていることを感じました。この漁場という場所がそうさせるのでしょうか。漁師さんたちも漁のお話をするときには生き生きとして、ただ海は自分の一部だと、畏敬の気持ちを持ちながらお仕事をされていることが伝わってきました。そんな作業をしながらの時間は皆さんとふれあえるのが楽しくてあっという間でした。休憩も挟んでの午前の時間は仕掛けを完成させ、皆さんと写真を撮りました。

お昼には漁師さんのお宅に伺いました。家が高い場所にあったため地震の被害ですんだそうです。ご家族とともにご飯を頂きながら、お話を聞かせていただきました。そんな中でたくさん考えることがありました。

津波を含め災害のお話ももちろん聴くことができました。津波がやってきたのは1度ではありません。押しては引いていくそれは物凄い音を立てて何度も何度もうっては返しました。それは夜通し続いたといいます。私たちが作業していた作業場も全て水に浸かり、保管していた道具も流され、漁に使っていた船も流され、災害後は片付けから始まりました。そんな中で続いて災害後の行政対応や仮設住宅の現状、保険や保障のお話も聴き、現地の方々の現状を感じ、そのご家族とともにある生活を感じました。しかし、私にはどうすることもできません。そして現地の方々も私たちになにも求めてはいませんでした。若い私たちに出来るのはただ足を運んで、一緒に笑って、話すことでした。「ただ、遊びに来て。笑顔だけもってきて。」と優しく、そして力強く言葉をかけられました。そして、この現状をたくさんみて、感じて。たくさんの人に知らせて欲しいと。ただ来てくれるだけでいい。「大学生が来るよー」といえば朝からはりきって昼食をつくるおばちゃんたち。その場面を思い浮かべただけで、笑顔になりました。様々な人が様々な被害にあっています。しかし、求めておられることの根底にはそういう思いがあるのかもしれないと感じました。

また、私にとってはそのようなお話を聴くことができたと同時に少しの時間ではありましたが実際に漁師さんたちと話し、漁に携わることができたことも収穫でした。海のこと、漁のことを語る漁師さんは本当に輝いて、かっこよくて素敵でした。震災がなければこのタイミングで訪れることもなかったのだと思うとこの出会いを大切にしたいと思います。訪れなければ分からないことはたくさんありましたが、それは言葉にしてしまえば簡単ですがそれを実際に行動して、感じることの大切さに気がつきました。同時に自分がこのような機会をいただけたことに改めて感謝しました。もっとたくさんの人々が現地の方々とかかわり、つながりを持っていけることを信じています。

写真1 広田湾での集合写真。楽しく、充実した時間でした!