3月
12

協力することの大切さ

Category 遠野班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにとって一番大切な写真はなんですか?

その写真にはどんな思い出が詰まっていますか?

今日は大型スーパーの一角で行っていた写真返却展について書きたいと思います。

そこの写真返却展はある団体が大槌町内で拾得された写真やアルバムなどを展示し、持ち主に返却しています。写真は自衛隊、がれき撤去をしていたボランティア、解体業者などから届けられたものです。届けられた写真を名前が記載されているものは名前を一覧にし、あとはアルバム別やテーマ別(結婚式、卒業式、修学旅行、入学式など)に選別しています。返却時の写真の状態は町によってさまざまですが、大槌町の場合は、できるだけ早く持ち主に返すことが目的なので、見える程度まで洗浄できた状態で展示しています。

しかし、その土地で見つかったからといってその土地の人の写真かどうかはわかりません。津波で流されてきたものもあります。そのため、この写真返却展の広報活動は町内外で行っています。広報活動は仮設住宅でのビラ配り、大手スーパーでのビラの掲載などです。普段は写真目的のためだけに訪れる人が多いのですが、今回は展示会が最後ということで買い物目的のお客さんがふらっと立ち寄ることを目的とし、大型スーパーに出展したそうです。また、写真を受け取るのは本人でなければいけないという決まりはありません。1人の人が300以上もあるアルバムや写真の中から目的の写真を探し出すのは時間も体力も必要です。しかし、その家族、友人、知り合いなどみんなで協力すればそれを短縮することができる。これはこの写真返却に関してだけでなくこれからの復興にも共通する大切なことであると担当者の方は教えてくださりました。

「私たちがボランティアなどで復興の協力をすることはできますが、最終的にはその町に住んでいる人たちが頑張らないといけない。それは個人個人の努力だけではなくみんなが協力して助け合いのもとでこそ成り立つものである」と…どんな大きなことでもたくさんの人が力を合わせて協力すれば達成される。私はそう信じています。

 

思い出は人を強くさせるもの。

今回の震災で大切な思い出が流された方はたくさんいらっしゃいます。

そんな方に少しでも大切な思い出が戻るように心から願っています。

 

1 コメント “協力することの大切さ”

  • taniguchi 2012年3月15日 4:16 PM

    写真は過去の一瞬を切り抜いたものです。全く同じ風景同じ角度で再び撮影するのはほとんど不可能だと思います。一度手元からなくなった思い出の写真に再び出会えたときは、今まで考えていた以上にその当時の思い出にふけることができたり、いっそう大切なものとなることでしょう。早く全員の紛失した写真が手元に返ってくるといいですね。