3月
3

ボランティア、はじめの一歩

Category 遠野班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠野滞在4日目。この日からついに遠野まごころネットワークさんの元でボランティア活動を行うことになりました!遠野での記念すべき初ボランティアです!まごころネットワークが拠点にしている遠野市浄化センターに向かいました。

午前7時40分。浄化センターに着くとたくさんのボランティアの方がいました。はじめにラジオ体操を行いました。まごころネットワークでは朝、全員でラジオ体操を行うことから始まります。ラジオ体操をするのはとても久しぶりのことだったのでとても新鮮でした♪次に朝礼があり、その日の注意や連絡を行った後、それぞれのボランティアの行き先ごとに分かれてボランティアを行う準備をし、それぞれの現場へと向かいました。

僕達は1日目、陸前高田市の長部町に向かい杉の木の皮を剥ぐお手伝いをするボランティアに参加しました。この杉は津波によって枯れてしまった木で、これを利用して製材所を作られるそうです。僕は夏休みにあった1回目の被災地に学ぶプロジェクトを参加した際にもボランティアを行ったのですが、その時は心のケアのボランティアであったこともあり、力作業のようなハード面のボランティアをするのが初めてだったのでとても楽しみでした。

現場に着くと現地の大工さん達が作業していました。まず2つのグループに分かれた後、この日のエリアリーダーであったニューヨーク出身のピーターさんに作業の説明と注意を受け、作業を開始しました皮を剥ぐ道具は鉈とかんなを使い、グループごとに木の皮を剥いでいきました。

作業中の様子です。 

 【木の皮を剥ぐ作業①】木の皮を剥ぐ作業①

 

 【木の皮を剥ぐ作業②】木の皮を剥ぐ作業②

木の皮を剥ぐのが初めてということもあり、はじめはなかなかうまく剥がせませんでした。でもコツを掴んでくるとスイスイと剥げるようになり、作業が楽しくなっていきました。木の中には皮が剥ぎにくいものがあったり、木の節を取り除かなければならないものがあったので苦労しました。作業をしていくうちに少しずつ他のボランティアの人と話すようになり、いろんな話をしたり聞けたり出来ました。ボランティアの人達はみなさん出身地はバラバラ。滋賀、札幌、東京、千葉、ポルトガル、フランス、アイルランド・・・などなど。年齢や職業もバラバラ。学生、会社員、定年退職された方、元外交官のパワフルおばあちゃん・・・などなど。本当に老若男女いろんな人がいて本当にびっくりしました。もしこのボランティアに参加してなかったらこんな繋がりや接点が無かったのだと思うとボランティアと言うのはすごいものだなと思いました。

いろんな人に出会い、喋り、仲良くなる。これもボランティアの醍醐味なんだなと思いました。どのボランティアの人達も本当に気さくでたくさんコミュニケーションをとることが出来、すぐに仲良くなれました。とても嬉しかったです。ボランティアの人の中には上記でも挙げたように外国から来られている方もいました。日本語を分かる方や通訳の方もいましたが、いざ作業となると英語で会話しないといけない場面もあります。上手く自分の言いたいことを伝えられなかったこともあり悔しかったです。 ボランティアで英語の必要性を感じることになるとは…リベンジしたいです。

お昼の休憩時間。現地のおかあさん方が作ってくれた豚汁をいただきました。 

【昼食の豚汁】昼食の豚汁

美味しかったです!寒い土地では暖かい食べ物が体にも心にも染み渡ります。

 

そして岩手の伝統的なお菓子である「がんづき」と「ゆべし」をいただきました。 

【「がんづき」と「ゆべし」】「かんづき」と「ゆべし」

初めて食べたのですが、どの味も食べやすく美味しかったです!!昼食後、作業が始まるまで大工の方達とも会話したり、グランドゴルフをしたりしました。楽しかったです♪大工の方達も気さくで優しかったです。 

午後からも作業の続きを行い、その日のボランティアは終了しました。

最後に皆で集合写真を撮りました。 

 【ボランティアのみなさんと集合写真】ボランティアのみなさんと集合写真

とても有意義で楽しいボランティアになって本当に良かったと思いました。自分の行った作業が少しでも誰かの役に立ってくれるとうれしいです。遠野での初めてのボランティアを終えて思ったことは、ボランティアは仕事もコミュニケーションも自分から進んで行動することが大切だということです。自分から進んで何かをしようとすればそれだけ多くのものを得たり、学べたり、出会えるのだと思いました。そして謙虚な心をいつでも忘れないことも大切だなと思いました。これからもいろんなボランティアを行うと思いますが、今日が遠野でボランティアをはじめた第1歩。今日学んだり感じたことを忘れず最後まで頑張っていこうと思います!

 

2 コメント “ボランティア、はじめの一歩”

  • 前原 慎吾 2012年3月4日 12:01 PM

    日本人のボランティアが減っている中、未だに外国人の方々がボランティアに参加しているなんて正直びっくりです。でも世界の人たちがわざわざ日本に足を運んできて、こうしたボランティアに参加してくれていることは非常に嬉しいですね。困ったときは国境など関係なく助け合うことが大事だと気づかされました。

  • 西村弘 2012年3月10日 9:45 AM

    先日、社会安全学部に関大一中の中学生が来て、私のミニ講義を受けてくれました。PPTのスライドに、皆さんの活動を入れさせてもらい、ここの写真のいくつかを使いました。事後報告でしたが、どうもありがとうございました。