3月
7

3月5日~7日 -現地から若者へのメッセージ

Category 福島班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月5日、6日は阿部農縁さんでお手伝いです!

阿部農縁さんは大正時代から受け継がれ、今は4代目の寺山佐智子さんが代表を務める歴史ある農家さんです。東日本大震災での風評被害から、代々受け継がれてきた畑を守ろうと頑張っている農家さんの1つです。 

積雪

両日、なんと雪が積もり、雨が降っていました。大阪ではなかなか見られないほどの積雪で、外では作業ができないので屋内で活動しました。私は阿部農縁3代目にあたる阿部正子さんとご一緒させていただいて、出荷用の商品を容器に入れ、用意をする作業をさせていただきました。この2日間では福神漬け、大葉味噌、パリパリ大根などの出荷のための袋詰め、そして阿部農縁でお勤めの皆さんのお昼ご飯作りなどをお手伝いしました。

袋詰めの作業

皆さん、とても明るく優しい方達で毎日が楽しく、震災後の被害にも負けずとても前向きに農業に励んでいらっしゃいます。農園で採れた野菜を使ったお昼ご飯はとても美味しいです!

 

 

そして3月7日は阿部農縁の寺山さんに勧められ、ある会合のモーニングセミナーに行かせていただきました。そのセミナーには様々な企業の方達が来られており、お話を伺える機会がたくさんありました。私たちの活動の趣旨を伝えると、皆さんは快く震災に関するお話をしていただきました。

 

―ある女性の方によるお話

東日本大震災後の昨年のある日、東京で電車に乗ると「福島第一原子力発電所の水素爆発の影響により、今年の東京は暗い」という掲示が目に入った。私達(福島県民)は東北電力の事業地域であり、東京電力の電力を一切受け取っておらず、関東地方のために電力を送ってきたようなものなのに「福島のせいだ」と言っているような書き方をされるなど、関東地方にまで風評被害を被るなんて……それに対して非常に怒りと憤りを感じた。しかし、だからといって今まで私達は原子力発電所を持つ地域の住民として、原発に関することを何も知ろうとしなかったし、「安全」について何もやろうとしなかった。だから悔しい…そういう意味でも、住民の私達にも責任があるんだ…。

今回の震災で、原発の問題に留まらず、日本の行政や地方自治体などの様々な危機管理体制や危機管理に関するシステムの姿が顕著になった。私達ではもうどうにもできないこともあるが、若い人なら今からでもできることがたくさんある。今回の震災で分かったことを、これからの日本を担う若い人たちに託したい。今までの日本のシステムは本当に良かったのか…を改めて考えてほしい。自分の生き方、考え方をしっかり持ち、ふらつかないように生きていってほしい(自分の利益や欲だけを追求するためにではなく…)。原子力発電のような近年人間が新しく作り出したものを、また新しくやり直していってほしい。

 

…と、目に涙を浮かばせながらおっしゃられていました。私達に懸命に思いを訴えかけているその姿と涙に、私も思わず涙ぐみました。

 

この貴重なお話を聞かせていただいて、改めて私達の年代がこれからの日本を創り上げるんだ、みんなを支えていくんだ、同じような被害は二度と繰り返さないようにすべきだと自覚できました。また、このような現地の方々の思いを真剣に受け止め、社会安全学部生としてもこの震災での教訓や現地の方のメッセージをできるだけ多くの方に伝え、知っていただきたいし、これからの自身の勉学や様々な活動にも反映させていきたいと思いました。

 

3 コメント “3月5日~7日 -現地から若者へのメッセージ”

  • 前原 慎吾 2012年3月11日 1:44 AM

    ある女性の方のお話は、非常に考えさせられる内容ですね。「福島第一原子力発電所の水素爆発の影響により、今年の東京は暗い」という文章がありましたが、それは東京に限らず全国でも同じだと思います。今、電力が不足しているために節電していることがそんなに不満なんでしょうか。現地に行ってボランティアをすることが出来ないなら、せめて節電ぐらい協力しても構わないのではないでしょうか。同じ国なのにこうした非協力的な書き込みを見たら当然、福島の人は憤りを感じるでしょう。関西の私が見ても、憤りを感じました。少し長くなりましたが、結論を言うとある女性の方がおっしゃったことに自分も共感したということでした。

  • 西村弘 2012年3月12日 10:09 AM

     なにも福島が悪いわけではないのにまるで「福島のせいだ」と言わんばかりの言説には心が痛みます。それ以上に、福島は自分たちのために原発を作ったようなことまで言う心ない政治家もいる。「利益があったからなんでしょ」、と。そんなことを言われたら、当の福島の人たちはもちろん驚き、あきれ、怒るでしょうが、それを聞かされる私たちも、そんな物言いをする人たちの品性が悲しくなります。「それはあんまりじゃないですか」、と。
     今年一月の講演でNHKの山崎淑行さんが、「当面の問題は別にして」と慎重な言い回しをされつつ、原子力発電は核廃棄物を後世代にわたって長く処理を委ね続けねばならないという問題がどうしても残り、正当化できないと思う、と仰ってましたね。この場合、東京の人とと福島の人の関係は、現在世代の人々と後続世代の人々との関係になります。「一体誰のせいで、こんな厄介なものを抱え続けなければならないのか」、と将来世代はいうことでしょう。しかも、恩恵は彼らにはなにも関係がない・・・。その将来世代は、今後1万年後とも10万年後ともいわれるほど長きにわたって続く人々です。10万年後、って・・・。10万年前、現生人類はまだ生まれていませんでした。ネアンデルタール人の頃です。今から、10万年後、はたしてどうなっていることやら。そんな未来にさえ、この時代に作ってしまった危険な核廃棄物が存在する。
     「どんなつもりで作ったの。将来の私たちのことは考えなかったの」と未来人が問えば、どう答えましょうか。「われ亡き後に洪水は来たれ」と言った人もいましたが・・・。

  • glgbcp 2012年3月30日 3:45 AM

    8nGz2W bhcffenkmwxs, [url=http://pkljoqwbxeqd.com/]pkljoqwbxeqd[/url], [link=http://sfekhybaxtuc.com/]sfekhybaxtuc[/link], http://kkjmaisjndbh.com/