3月
4

3月4日  まざっせアーケット

Category 福島班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月3日(土)の夜に無事に福島県須賀川市へ到着!
宿までの道のりをタクシーで移動中、運転手さんとお話ししました。
この活動の趣旨を伝え、大阪から来たと言うと、東日本大震災での被害やおすすめの観光地など丁寧に教えていただきました。短い時間でしたが、関西弁とはイントネーションが違う喋り方に初めてふれることができ、とても新鮮で楽しいひと時でした。

須賀川1日目は郡山市のまざっせプラザにて開催された
「まざっせアーケット」に参加させていただきました!

「まざっせ」とは、「混ざりましょう」という言葉だそうで、まざるとは、英語でJoin us!「ご一緒に!」という意味です。街中の賑わいを考え、語り合い、魅力を発信していくことを目的とした「まざっせKORIYAMA」!郡山のまちづくり拠点、人や情報の交流拠点となるようにと活発に活動を展開しており、これらの活動には昨年3月11日の東日本大震災の復興への願いも含まれています。
地震や津波などによる被害も大きいですが、福島第一原発の水素爆発による風評被害問題には多くの農家さん達も悩まれています。少しでも地域を元気にしよう!福島の魅力を改めて多くの方に知ってもらおう、広げよう!という気持ちが強く伝わってきました。

3月4日のイベントでは「行ってみよう!梅とさくらのみどころ」というテーマに、陶芸教室(三春町「安里窯」や福島県内の桜と梅の写真展、また、おいしいもの市ということで、農家さんたちの愛情のこもったお弁当やお漬物、野菜や特産物を販売しました。私達は阿部農縁さんの一員として販売のお手伝いをさせていただきました!もう3月だというのに所々に雪が残るほどの寒さでしたが、そんな寒さを吹き飛ばすほどのまざっせの参加者の皆さんの明るさに、こちらも元気をいただきとても楽しい時間を過ごしました!

お昼の休憩時には、阿部農縁さんの手作りのお弁当をいただきました!農園で栽培した野菜をふんだんに使った料理は最高で、ヤーコンの入ったコロッケは特におススメです。

販売中にはまざっせに参加している他の農園さんや市役所にお勤めの方ともお話でき、震災や農園に関する貴重なお話をしていただけましたが、やはり風評被害についての話題が主に取り上げられました。ある農園さんのお話では、「今はあちこちのメディアで風評被害についての話題が取り上げられている。しかし、これも時間が経つにつれて徐々に取り上げられる数が減り、人々の風評被害についての関心にも変化がみえてくるであろう。ただ、悪いイメージだけが取り残されたまま人々の記憶から薄れいくことだけは防ぎたい。」とおっしゃられていました。マスメディアの与える情報が情報受け取り側に与える影響の強さや人々のリスク認知がさまざまであることによる影響、自分は「安全」だと思っていても「危険」だと思っている相手にどのように「安全」を伝えるかによる影響などを改めて考えさせられました。

福島での活動初日ということもあり、福島の方々との交流も初めてで緊張していましたが、皆さんはとにかく明るく元気いっぱいで、何か質問させていただくととても丁寧に答えてくださる優しさにも触れることができました。この明るさと人情を持っている福島の方々なら、福島を守り抜き、必ず震災以前よりも素晴らしい生活を獲得してくれるだろうと感じることができたと同時に私も復興の力になるべく、まずはこのブログから福島県の魅力を発信していきたいと思いました。まざっせで出会えた皆さん、ありがとうございました!

さて、5日からはいよいよ阿部農縁さんでのお手伝いが始まります。
この日にお会いした阿部農縁3代目の方はとても親切な方で、これからの阿部農縁さんでの活動がとても楽しみです!

4 コメント “3月4日  まざっせアーケット”

  • 谷口 眞奈 2012年3月6日 11:38 PM

    風評被害にも負けじと様々に活動している姿が目に浮かびました。もうすぐ震災発生から一年が経過しますが、多くの人と関わることで、福島もさらに強くなっていくのではないかと思います。

  • 西村弘 2012年3月7日 12:50 PM

     「自分は「安全」だと思っていても「危険」だと思っている相手にどのように「安全」を伝えるか」.難しい問題ですね。でも、立場が異なると、「自分は「危険」だと思っていても「安全」だと思っている相手にどのように「危険」を伝えるか」ということでもあります。
     辛島先生の社会安全学総論で「第三義の危険」を習いましたよね。経験的に安全が確かではないけれども便宜的に線を引かねばならないとき、どうしても残りうる危険、「油断してはいけないと自覚すべき危険」。不安が大きくなっている時節は、「経験的に安全」の範囲も狭くなりますし、「第三義の危険」もより注意すべきものに見えますよね。どのような意味で「安全」と言っているのかよくわからないとき、あるいはそう言っている人々に不信感を感じるときなど、より強くこの不安が働きます。お互いに、安全と感じる、危険と感じる根拠を確かめながら、「何となく、根拠はないけれども不安」というのがなくなっていけばよいですね。

  • 甲 京子 2012年3月7日 10:24 PM

    >>谷口さん コメントありがとございます!驚くほど、本当に福島の方たちは明るくて、楽しい方たちばかりでこちらも元気になれるくらいです。少しでもそんな皆さんの力になれるよう、これからも調査に励みたいです。

  • 甲 京子 2012年3月7日 10:53 PM

    >>西村先生 コメントありがとうございます!本当に社会安全学とは奥深く、1つの分野の知識だけでは解決できない難しい学問ですよね。今回の原発による風評被害という問題にも工学だけでなく心理学や社会学、経済学などの多分野にわたる学問からのアプローチが必要だと感じました。また、土田先生や廣瀬先生のリスクコミュニケーションの授業も思い出し、リスクコミュニケーションの必要性も感じました。この記事を書くにあっても、どこまでの内容を載せるべきか載せないべきか、書き方によって読者側に与える影響などを考えていると、なかなか難しかったです… また更新しますので楽しみにしててください!