3月
8

3月8日~農産直売魅力アップ研修会

Category 福島班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は南会津町田島で行われた農産直売魅力アップ研修会に参加させていただきました。

農家の人が利用している農産物直売所で運営者と生産者双方が実践すべき基本事項や、消費者の購買意欲を喚起する先進的な直売手法を学び、農産物直売所の持続的な発展を目指すという趣旨の研修会でした。 研修会では売り場に置くポップを作ることや商品の袋詰めの仕方、並べ方など消費者の目がいくような工夫のなど、購買意欲がわく直売所を作るために役に立つようなことを講師の方が話されていました。

 

研修会に参加して、震災の影響がありながらも様々な角度から復興に向けた活動が行われていることに気づかされました。ボランティアのような直接的なサポートだけではなく直売所のような経済的な面のサポートに繋がることで、農家の方の生活の助けになる。そしてこのような活動が町の活性化にも繋がり、これからより必要になってくるのではないかと感じました。

 

≪写真1:農産直売魅力アップ研修会≫

研修の後、南会津郡下郷町にある塔のへつりに連れていっていただきました。福島県では有名の観光所の一つで国の天然記念物にも指定されている景勝地です。「へつり」とは会津方言で、川に迫った険しい断崖のことを言うそうです。今回の震災で直接的被害は免れたようですが、先日の記事と同様に観光地の利用者数は激減しているようです。実際に私たちが塔のへつりにいるときも観光に来ている方はほとんどいませんでした。福島第一原子力発電所から離れたこの町でもそのような事態であることを知り、風評被害の及ぼす大きさに衝撃を感じました。

≪写真2:塔のへつり≫

1 コメント “3月8日~農産直売魅力アップ研修会”

  • taniguchi 2012年4月2日 8:59 PM

    目に見えないものへの恐怖は、予想以上に経済面でも影響を与えているのですね。福島県へ行く観光客の数も工夫して増加させることで、活発な街になると思います。人の力で、今の状況を改善できることを、誰もが自覚していくべきですね。