3月
13

風評被害の深刻さ

Category 福島班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月13日、郡山市のビックパレットにて農産物の直売をされている方とお会いできる機会をいただけ、販売をお手伝いさせていただきました。少しの時間でしたが、仮設住宅にお住まいの方との交流ができました!
「郡山市の仮設住宅での直売」

そこで、仮設住宅で農産物を直売されている方に震災に関するお話を伺えました。

「東日本大震災が発生しましたが、私のところは、津波の被害や地震による大きな被害はそこまで受けませんでした。だから、非難されてきた方達の力になろうと思い、最初は「支援する」という気持ちで仮設住宅での直売を始めました。
そこに、福島第一原発の水素爆発により放射線の問題が出てきたんです。私の営むお店は特に農産物の質にこだわってよりよい品質の農産物を販売しており、また、質にこだわりを持ったお客様が買いに来てくださっていました。しかし、風評被害の影響によりお客様が大きく減り、それに伴い売上が大きく下落し経営が非常に厳しくなってきました。また、直売所に農産物を提供してくださっていた農家の方々も自然災害による被災や放射線問題、風評被害などにより農業を止められたり、縮小されたりと、店頭に並ぶ商品数さえも減少したり、どうしても以前のような品質の商品を提供できないこともありました。
また、震災直後では3、4か所の仮設住宅において直売していたのですが、日が経つにつれ徐々に街が復旧し、市街の巡回バスが利用できるようになりました。なので、仮設住宅にお住まいの方も商品の安さや種類の豊富さ、また、気分転換など精神的な安らぎなどを求めてバスを利用され、買い物などお出かけされることが多くなりました。これに伴って、仮設住宅での直売に足を運ぶお客様は徐々に減っていき、仮設住宅の直売での売り上げが下降していくと次々と直売されていた他の方達は撤退していかれました。私も徐々に拠点を減らしていったのですが、唯一まあまあ売り上げがあり、常連のお客様がいてくださる郡山市のビックパレットの仮設住宅での直売は今も続けています。
しかし、放射線問題による風評被害の影響によりお店自体の経営状況は非常に厳しく、大きな損害を被っています。また、東京電力による賠償金のシステムにも不満を感じており、これからの生活は不安でいっぱいです。
私はいつからか「支援する」という気持ちから「自分も被害者だ」と思うようになり、あの原発事故に対して非常に怒りを感じます。」
…と、お話してくださいました。

 

今回は風評被害に悩み、苦しんでいる直売所の方の率直な気持ちを伺えました。また直売のお手伝い中に、あるお客様が「この野菜は放射線のチェックは大丈夫なのですか?」と尋ねられている方もいらっしゃいました。それに対して、「検査済みですので大丈夫ですよ」と返答されていました。

 

私が関西にいるころは少なからず放射線に対して不安や心配はしていたので、消費者からの立場から、放射能を心配するお客様の気持ちはすごくわかります。しかし、福島県に来て、農業に携わるたくさんの方々の風評被害に関するお気持ちやお話を聞いて、両方の立場から放射線問題を考えた時、とても複雑な気持ちになりました。

風評被害とは消費者に不安を抱かせると同時に生産者の将来の生活をも左右させ、大変深刻な被害を生むものなのだと感じました。