3月
15

風評被害と被災地の現実

Category 福島班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島県田村市の商工観光課に勤めるAさんにあぶくま洞に連れて行っていただきました。あぶくま洞は福島県田村市にある鍾乳洞です。福島第一原発の西に位置する田村市では、原発事故で避難指示が出た半径20キロ圏(※田村市の4月現在:住民の一時帰宅、公益目的の立ち入りなどを柔軟に認める「避難指示解除準備区域」)、屋内退避が指示された20~30キロ圏、何も指示が出ていない30キロ圏外の3つの区域に分かれています。今回私たちが連れていっていただいたあぶくま洞も福島第一原発から30キロ圏外ではありますが30キロに近いところに位置しています。

あぶくま洞

距離を聞くだけでは一見リスクもあるのではないかと感じますが、実際にあぶくま洞で計測してみても放射線量には問題はありませんでした。

あぶくま洞での放射線量0.03μ㏜/h

それは今回の震災時の風向きや地形の影響で原発より南部にある地域では北部に比べると格段と線量は低いとされているからです。そして、お話を聞いたり自分で放射線に関することも調べてみました。やはり、原発事故によって、広範な地域に住む周辺住民、特に放射線被害を受ける危険性のある妊婦、乳幼児、子ども、そして若い世代の健康への不安は拭いきれないところがあるようです。どこまでが安全とされるのか、どのくらいの基準で住民の方の安心感が得られるのかを判断することは本当に難しいことであると感じました。

 

Aさんがおっしゃるには、彼の職場には「そちらでは防護服を着て生活しているのですか?」「子供が福島県に行っても大丈夫ですか?」などといった問い合わせが寄せられることが現在でもあるそうです。福島県には医療的も推奨される療養温泉があり、この温泉中は微量の放射線が含まれている放射能泉だそうです。それらによる放射線などが日常的に存在しているにも関わらず、そうした報道がないため、福島という名前だけでマイナスの判断がされてしまうのが現実だそうです。しかし、こういったお話だけでなく、福島県の元気も伝えてください、とAさんはおっしゃっていました。放射線による風評被害でマイナスのイメージが漂う中、福島県の方々は明るく、笑顔で復興に向けた活動をされている方がたくさんいます。風評被害に負けず、復興に向けてプラスの方向に動きつつある福島の現状を多くの人に知ってもらうことで観光地や地元の特産物などのアピールにもつながるのではないかと考えました。

 

 

 

1 コメント “風評被害と被災地の現実”

  • 前原 慎吾 2012年4月8日 12:24 AM

    確かにニュースなどで福島県の報道が出ると、必ず原発の問題か放射線の問題しか報じられませんね。被災者の方が嘆いてしまうのも無理ありませんね。復旧、復興などと言っていますが、もしかしたら被災地以外の他県の私たちが、その復旧、復興を妨げているのかもしれませんね。