3月
8

地震が引き起こした「陸の津波」

Category 福島班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の震災で決壊した須賀川市ある藤沼ダムに連れていっていただきました。3月11日に発生した東日本大震災の強い揺れを受け、地震直後にダムは決壊し家屋や田畑を流失しました。下流の長沼地区と滝地区では死者7人、行方不明者1人の8人が犠牲になりました。そして、全壊した家屋は19棟、床上浸水家屋55棟という被害を出しました。
ダムの周囲は一周できるように歩道と車道で囲まれていましたが、震災で歩道は崩れ落ち、とても歩ける状態ではありませんでした。
≪写真1:崩れ落ちた歩道≫

決壊した方向に向かって車道を歩き進めるごとに道のひび割れは大きくなり今回の震災の被害の大きさを物語っていました。
≪写真2:ひび割れた道路≫


決壊部分は震災前にあった道路もなくなりすべてが流されていました。ニュースなどでは沿岸部の津波による被害や原発事故が多く取り上げられていますが、私たちが見に行った藤沼ダムは甚大な被害、犠牲者が出たにも関わらずあまり報道されていないのが現状です。
≪写真3:決壊部分≫


そして、現在課題とされているのが今後のダムの補修についてです。灌漑地域では田畑(水田)に支障が出ており、農業用水の必要性から早期の復旧を望む声があがっていますが、用水の必要性を認めながらも同じ場所での補修を行うことが危険であるという意見があり、再建について地域住民の意見は複雑であるようです。課題となっている藤沼ダムは貯水容量が約150万トンの灌漑用ダムで「アースフィルダム」と呼ばれる台形状に土を盛って作られたダムです。そして、震災前から老朽化で水が漏れていたため改修工事が行われていました。地域住民からは耐久性に問題があるのではないかと懸念されていたようです。このように早期の復旧を望む住民の方、震災前や補修に関する不安を感じている住民の方の双方が安全で安心して生活を送れるような対策が取られるべきではないかと感じました。また、この被害をたくさんの人が知ることで今まであまり知られていなかったダムについてのリスクの認識がされるのではないかと考えました。