3月
4

3月4日

Category 気仙沼班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月4日、今日から私のふるさと応援隊としての活動がスタートです。

午前6時過ぎに大阪府高槻市の家を出て新幹線を乗り継ぎ、午後2時前に無事に気仙沼に到着しました。初めての東北は予想以上に寒かったです。

気仙沼駅まで気仙沼復興協会の方に迎えに来ていただきました。早速、車で津波の被害が大きかったところの様子を見させていただきました。実際に被災地を見てあまり実感がわかなかったです。がれきはほとんど片づけられており建物の基礎の部分だけが残っている場所が多かったです。

また、全体的に人通りが少なかったです。聞いたところによると、被害の大きかった場所を通っている人はほとんどが私のように外から来た人だそうです。

写真に写っている道は自衛隊の方が土を盛って作った道です。また、ほんの数十メートルの違いで被害を受けたところとそうでないところがありました。地面の水はけが原因だそうです。

 

 

左のアパートは一階部分が大きく被害を受けましたが、右の建物は無傷でした。このような被害のあるなしの差が激しい境目がいくつもありました。

一通り回らせていただいた後は宿泊先のお家に上がらせていただきました。今回は気仙沼復興協会の親戚の方の家に滞在させていただきます。よろしくお願いします。泊まらせていただく家は目の前に海が広がり、手前まで津波が来た場所です。

夕ご飯をいただいた後、震災当時の話を聞くことができました。震災から電気と水道が元通りになるには約1か月かかったそうです。

それまではろうそくで明かりを灯していたらしいです。そのろうそくを調達するのも震災後の買い占めがあったため非常に大変だったらしいです。

 

このほかにも現地の人が撮影した津波の時のビデオを見せていただきました。改めていろいろと震災について考えさせられました。

明日と明後日の二日間は写真の洗浄作業に参加させていただく予定です。今後の活動については、逐次報告していきたいと思っています。

明日から自分ができることを精いっぱい頑張らせていただきたいです。

1 コメント “3月4日”

  • 谷口 眞奈 2012年3月7日 9:40 PM

    震災当時の経験を語ってくださることも貴重なものとなってきたと思います。今回の災害が、過去のものとして忘れ去られないように、今、伝えて受け継いでいくことが最も大事なことだと感じました。