3月
5

活動スタート

Category 気仙沼班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月5日、今日から本格的に活動がスタートです。起きたら雪が積もっていました。昨日に比べてかなり寒かったのでこれでもかというくらい着こんで宿泊先を出発しました。朝は気仙沼復興協会に行って朝礼で自己紹介をしました。これから一週間よろしくお願いします。

午前9時から活動がスタートしました。午前中は清掃班の方々の活動に参加させていました。活動内容は雪かきでした。岡山県南部で生まれて現在大阪で暮らしている私は雪とは無縁で、生まれて初めて雪かきをしました。3月の終わりの雪は非常に重たく予想以上に疲れました。また作業中は雨がずっと降り続けていました。雪国で暮らしていくことの大変さを少し理解できたような気がします。また、活動の途中で、船が座礁した現場に寄っていただきました。改めて津波のすさまじさを感じました。住民の方からは、震災を思い出すから撤去してほしいという意見と、震災の被害を後に伝えていくために公園にしてほしいという意見に分かれているそうです。どちらが正しいかとか簡単に決められない難しい問題だと思いました。

 

午後からは写真班の活動に参加させていただきました。ここでは、廃校になった小学校の校舎を利用して津波で流された写真の洗浄、保存を行っています。また、トロフィーや盾などの写真以外のものも置いています。洗浄の目的は、写真を洗浄して綺麗にすることによって持ち主の方が自分の写真を探しやすくして、持ち主に写真を返すことです。また、洗浄して写真についているバクテリアを洗い流すことによって写真の耐久年数を長くすることもできます。

実際に写真の洗浄を手伝わせていただきました。

発見された写真はアルバムごとに分けられます。そしてぬるま湯につけて手洗いをします。この時、写っている方の顔が消えてしまわないように注意します。洗い終わった写真は乾燥機にかけられます。

そして、乾燥した写真はスキャンされて、最後はアルバムごとに分けられて保存されます。

また、持ち主の方が自分の写真を探す方法はいくつかあります。

一つ目は、発見された写真は校舎に地域ごとに置かれているのでそこで探すという方法です。しかし津波によってかなりの距離を流された写真も多いそうです。二つ目は顔認証によって探す方法です。洗浄された写真はスキャンされているので顔認証によって自分に似た写真を探します。三つ目は分類によってコンピュータで検索して探します。ピアノの発表会や記念写真など、いくつかの分類によって検索して探すという方法です。この方法は、写真を探しに来た方にパソコンの使用方法を教えたりするので、コミュニケーションを取りやすいというメリットもあります。

 

今日1日で多くの体験をさせていただきました。残りの日数も少しでも多くのことを体験し学んでいきたいと考えています。明日以降の活動も逐次報告していきたいです。

1 コメント “活動スタート”

  • 谷口 眞奈 2012年3月7日 10:56 PM

    写真は、一枚一枚に思い出があり、手元に戻ればとても嬉しいことだと思います。その作業が被災地で行われていることは、人々の心を癒すという面で、復興につながる第一歩だと思いました。