3月
2

3月2日~お昼ご飯・道の駅~

Category 久慈班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は洋野町にある喜利屋というお店で昼食をとりました。洋野町は漁業で有名で、特にもぐり漁が盛んです。ウニやアワビやホヤといったものが養殖されています。洋野ではチリ地震の津波で死者が多数出ており、そこから対策をとっていたことや津波の教育をしっかりしていたおかげもあり、今回の東日本大震災では被害も比較的小さかったそうです。だからもぐり漁はもう再開されているそうです。

そこで、みんなでホヤの刺身をいただきました。みんなホヤを食べたのは初めてでした。ホヤは海水の味が強く、噛んでいくと苦みが出てきます。塩辛さはすごく好みだったのですが、あの噛んでいくほどに増していく、渋みはちょっと苦手だなと思いました。地元でもちょこちょこ苦手な方がいらっしゃると聞きましたが、名物になっているということは好きな方にはきっとたまらないのでしょう。

ホヤのお刺身ホヤの刺身

私はホヤの刺身といくら重をいただきました。とれたてなので普段食べているいくらより甘みがあり、すごく口のなかでプチプチとはじけました。本当においしかったです。これからもっと本格的に漁業が復興していくことで多くの方に新鮮な海産物を提供することができ、それを求めて人が来てくれることによって観光業ももっと発達していくと思いました。

また移動の途中に産地ふれあい広場センターという、地元でとれた野菜やお魚また地元の方が作っておられる郷土料理が売っていました。ここは地元の方も多く利用されていました。魚は、頭や内臓をとって日干しされていました。やはり魚が新鮮にとれる洋野町だからできることだと感じました。

もう一つは三陸鉄道の野田駅にある道の駅に行きました。ここでソフトクリームをいただきました。このソフトクリームは野田の特産品である野田塩と、ゆめ牛乳を使っています。特に夏には人気だそうです。濃厚でクリーミなのにさっぱりしていておいしかったです。野田塩は昔作られていたものが、規制を受け中止していたのを貫牛さんの提案でまた作られるようになったそうです。また郷土料理である田楽と串もちをいただきました。みその風味が香ばしくて、すごく美味しかったです。

田楽と串もちをいただきました田楽と串もち

たくさんの美味しいものに出会えました。これを一つの観光要素に取り入れ、グルメツアーを組んで観光客に来てもらうことで雇用も生まれ、また観光客の方は東日本大震災の怖さを実感できると思います。

 

 

 

2 コメント “3月2日~お昼ご飯・道の駅~”

  • 前原 慎吾 2012年3月4日 11:32 AM

    まさかチリ地震の津波でも死者が多数出ていたなんて全然知らなかった。しかし、東日本大震災の大津波から被害を少なく出来たことは、チリ地震の津波の教訓がきちんと活かされたんだなぁと思いました。これからはこのような津波の教訓を風化させないことが重要ですね!!

  • 西村弘 2012年3月5日 12:00 PM

     なんといってもホヤが美味しそうですね。五味の中でも「苦み」に対する好みがいちばん遅く開発されるらしいので、今はダメでもきっと将来は食べてみたい味になると思いますよ。またおそらくは、今回の経験を思い出す「懐かしい味」にもなるのでは。私は、日本酒と一緒に食べてみたいと、強く思いました。
     一般に観光とは「非日常的な楽しみの活動を日常的生活圏以外の場所でする行動」といわれます。ですから、観光にとって、食の要素はたいへん重要です。あれをもう一度味わいたいので、再び三度と訪れたいと思う場所がいくつかあります。これだけ世界が一つになって、大阪で手に入らないものが何ひとつないようなのに不思議ですね。同じように見えるものでも、口にしてみるとやはり少し違うのです。その一方で、「同じ」と思うものもあります。となると、「食材+α」での勝負なんでしょうね。そこでしか出会えない「食材」か、そこに行かないと巡り会えない「+α」か、両方あればもちろん良いですが、そんな魅力をぜひ見つけて、また、「おいしそ〜」に発信してください。では、また。