3月
15

~三陸鉄道・再開PR動画撮影会~

Category 久慈班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月1日に北リアス線陸中野田駅から田野畑駅間の運行が再開します。その再開を喜び、また震災復興支援への全国、全世界への方々への感謝の気持ちを表すため、「笑顔をつなぐ、ずっと・・・」をテーマに再開PR動画の撮影会が行われました。私たちはその撮影会に参加し、三陸鉄道の現状などを学びました。

久慈市→野田村→普代村の順で移動し、PR動画を撮影しました。この撮影会には小学生の子供たちからご年配の方まで、幅広い年齢層の地元の方々が参加していました。参加者の様子を見ていると、三陸鉄道は本当に地元の方々に愛されているのだと感じました。

楽しく電車ごっこでPR

しかし、三陸鉄道は震災前の通常運行状況でも乗車客は少なく、経営が難しかったといいます。「年に一度は三陸鉄道に乗ろう」というポスターが作られるくらいです。その経営難の背景には、北岩手沿岸部の車社会があります。地元の人々の主な交通手段は自動車です。そのため、鉄道を使うのは車を運転できない幼い年齢層とご年配の年齢層です。時刻表を見ると、電車が来るのは約1、2時間に1本と、大変少ないと感じました。電車の本数が少ないから鉄道を利用せず自動車で移動するようになる。自動車での移動が増え、鉄道の利用が少なくなると電車の本数がさらに少なくなるという負の連鎖になっていると思いました。この現状を改善するには、今以上に鉄道の魅力を発見し、PRすることが必要です。

 

今回の再開PR動画が三陸鉄道をさらに活気づける一つのきっかけとなり、いつまでも地元の人々に愛され続ける三陸鉄道であってほしいと思います。

 

(PR動画は3月中下旬にYouTubeなどで広く公開される予定です。)

運休中の線路上に入らせてもらいました。

2 コメント “~三陸鉄道・再開PR動画撮影会~”

  • taniguchi 2012年3月16日 8:08 PM

    都心のような移動人口が多いところでは、電車の運営も困る事がないと思います。自動車での移動が主になっている地域では、こういったPR動画の撮影もとても大切なイベントになってくると思います。電車ごっこの写真は、なんとも楽しそうで三陸鉄道について学ぶよい機会になったと思います。

  • 西村弘 2012年3月19日 5:22 PM

    移動するには自動車が便利なことは言うまでもありません。まして、都会のような渋滞に悩まされない地方ではなおさらです。地方では自動車は必需品、といわれます。しかし、その自動車に乗れない人たちが一定部分存在します。子どもやお年寄り、経済的に自動車利用が困難な人々です。そうした人々は、自動車に乗せてもらうか、公共交通を利用するかしかありませんが、公共交通がないところでは、移動の自由が奪われてしまいます。いつもいつも誰かに頼んで運んでもらうわけには生きませんからね。ともすれば、引きこもりがちになる、とまでいわれます。そんな人々は三陸鉄道の再開を何よりも待ち望んでいることでしょう。場合によって、そこで暮らし続けるかどうかの判断材料の大きな一つかもしれません。再開後のこともありますので、PRは大いにありがたいことでしょうね。ご苦労様でした。