3月
4

久慈における公共交通機関

Category 久慈班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久慈広域観光協議会主催のウォーキングイベント「ぐるてく」に参加させて頂きました。お年寄りとそのお孫さんが主に参加されていましたが、約6.2kmの距離を歩くなかで色々な話をしました。そんな中で出てきたのが、昨日開通記念映像の撮影にも参加させて頂いた三陸鉄道の話です。

三陸鉄道は震災の影響で北リアス線は久慈駅―陸中野田駅間、小本駅―宮古駅間が運行していて、他の区間は運休している状況でしたが、この4月から久慈駅から田野畑駅まで延伸します。三陸鉄道は震災前からずっと赤字が続いており行政からの援助を受けています。

久慈に限ったことではありませんが地方では車移動が基本でありほとんどの人が自動車免許を所持しています。そのことから学生やお年寄りといった交通弱者を除けばほとんど電車に乗ることはないそうです。

 

そのような状況を受け、三陸鉄道と三陸鉄道を支援する団体では、沿線地域住民の三陸鉄道に対するマイレール意識の高揚とその利用促進を図るため、マイレール三鉄・沿線地域30万人運動として、「年に1度は三陸鉄道に乗りましょう」という活動を行っています。

車移動が基本な状況は三陸鉄道のみならず公共交通機関全般の本数を減らします。バスも現在久慈で洋野町方面に運行しているのは市バスのみです。地元の人はみんな車を所持し運転して移動しますが、よそから来た私たちや観光客はおおむね公共交通機関を利用しようとします。

しかしそれが使えないとなるとタクシーを使わざるを得なくなり予算がかさみます。そうなると観光で行こうかなという気持ちがくじかれる人もいるでしょう。

よそから来る人が少ないため公共交通機関が廃れるのか、公共交通機関が少ないためよそから来る人が少なくなるのか、どちらが先と言うことはできませんが人を呼ぶには目玉となるモノだけではどうにもならない部分があるのだと実感させられました。

 

三陸鉄道に関しては個人的に興味があることもあり、

より詳しく情報収集をして改めて別記事を書きたいと思います。

4 コメント “久慈における公共交通機関”

  • 谷口 眞奈 2012年3月8日 12:22 AM

    確かに地方では鉄道が利用されていないイメージが強くあります。公共交通機関が廃れていく過程として長田さんが考えている2パターンは、どこかの地域に傾向として顕れているのではないかと思います。もしくは、それぞれの過程をイメージしたら、結果として同じ状態になるとは限らないかもしれませんね。以後、三陸鉄道に関してのブログ記事、楽しみにしています。

  • 西村弘 2012年3月8日 4:42 PM

     「自動車は地方のもの、都市では公共交通に乗ろう」と言われることがあります。都心部では渋滞してしまう自動車も、地方でならその利便性が大いに発揮されるということからなのですが、それじゃあ、地方に公共交通はいらないのか。そんな問題を指摘してくださってますね。
     使うひとが少ないからと公共交通をなくしてしまうと、交流手段もなくなってしまう。少なくとも、自動車が使えない人は来なくていいよと、言ってるみたいになる。でも、そのためだけに莫大な補助金は使えない。そんなお金があるなら、福祉に回せ、教育に回せ、ということもあるでしょうしね。それでも、赤字の公共交通を残す意味が地域にとってあるのではないか。それはなんだろうか・・・。続きの記事、私も期待しています。

  • 長田英里奈 2012年3月9日 10:13 PM

    >谷口 眞奈さん

    そうですね。
    例えば私の実家の最寄駅から梅田駅までは30分弱で、車で行けば駐車料金がかかることや
    多くの店の案内表示が「駅から~分」という風に駅から歩いての表示となっています。
    ですがこちらでは「~分」と書いてあれば車でかかる時間であることが多く
    行ってみれば駐車場とお店が同じくらいのスペースでとられていたりするため
    車で来ることを想定しているのだなあと実感します。

    どちらが先なのでしょうね。久慈以外のケースも大阪に帰ってから調べてみたいと思います。

  • 長田英里奈 2012年3月9日 10:27 PM

    >西村弘さん

    はい、私は今日徒歩で地元の人の生活圏をぐるりと回ってみたのですが
    どれもかなりの距離を歩かなくてはならず、本当に車に乗れない人はどうやって生活しているのだろうと疑問に思いました。

    三陸鉄道自体は街のシンボル的存在であり地元の人たちからも愛されていて
    公式のファンクラブや非公式の応援団体もあるそうなので
    やはり問題は電車移動よりも車移動の方が便利であることなのでしょう。

    ありがとうございます。そう言っていただけると、とても励みになります。
    上に書きました非公式の応援団体の会長さんとお会いできるそうなので
    また追って記事にしたいと思います。