3月
6

三陸鉄道と沿線地域の在り方

Category 久慈班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の「久慈における公共交通機関」にも少し書きましたが三陸鉄道は最大のクライアントである学生が少子化によって減少していることもありここ17年間は赤字が続いている状態です。

しかしながら、そもそも三陸鉄道誕生の起源は明治29年の三陸地震津波の復興の際地域住民からの復興案として「三陸を縦貫する鉄道整備が必要」との声が出たことにあります。

 地形が複雑で沿線にこれといった大都市も抱えない三陸地域の鉄道整備は大幅に遅れ、昭和47年にようやく国鉄宮古線(宮古~田老間)が開通したものの全線の開通を待たないまま昭和56年には廃線してしまいました。

 国でできないのなら地域の力でと、その後も様々な紆余曲折を経つつも「三陸鉄道」としてようやく完成したのが昭和59年なのです。

 このように地域と共に歩んできた鉄道である三陸鉄道は現在も三陸の生活維持基盤鉄道であるため廃線することはできず第三セクターとして運営されています。また、それに加えて今回の震災を受けての復旧には100億円以上を要すそうですがそれも昨年11月に成立した第三次補正予算で国が負担することが決定しました。

 そういった国からの援助に甘えて何もせずにいるのは申し訳がないということで、三陸鉄道では草野悟さんの提案のもと一人ひとりが「どのような会社にしたいか。」ということを考えてレポートにして提出する制度を設けたり、鉄道を利用する人におすすめの、沿線にある施設や食事をする場所を探して話題発信を行っています。(駅-1グルメ)

上に挙げたような企画を考案された草野さんは当然社員の方だとお思いでしょう。

しかし草野悟さんはあくまで「三陸鉄道を勝手に応援する会」会長、つまり三陸鉄道の社員など直接の関係者ではない方なのです。

ですが草野さんは上に記した活動以外にも「被災地フロントライン研修」という外部からやってきた方の被災地視察を円滑に行うための企画し、ガイドを三陸鉄道の社員が行うプランも考案されるなど様々な面で三陸鉄道、いえ三陸沿岸のアドバイザーとして活躍なさっています。

恥ずかしながら私はお会いして詳しくお話を聞くまで「三陸鉄道を勝手に応援する会」と名前のイメージで鉄道マニアのファンクラブのようなものなのかな、と思っていましたがそれは大きな誤解でした。

このように「勝手に応援する会」などと名乗っていますが実際に三陸鉄道の経営方針等も決める重要な人物でいらっしゃるのです。

なぜ体系的な組織にしないのかと思っていたのですが「こうして勝手に応援しているという形の方が影でサポートして手柄は三鉄のものとして扱えるし、俺以外にも約170人の会員で自分たちのお金を出し合うことが大事なんだ。」とおっしゃいました。

「駅-1グルメ」の協力者欄も地元の団体ばかりです。

駅-1グルメ協力者欄

 

この企画も含め、わりと単独スポンサーになりたがる大手企業は多いそうです。ですがなぜそれを受けないかというと地元色が薄れるからです。

一つの企業にスポンサーについてもらえば楽に資金繰りもできるでしょうに、そうはせずやはり「三陸全体に活気を与えること」を目標に広い視野で見てらっしゃるのだなあと感動しました。

 草野さんがどういった方かということについては長くなりそうですし、関連して書きたいこともあるので別記事で書きます