3月
14

がれき処理と仮設住宅の問題

Category 久慈班     Tags
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩手県中核観光コーディネーターの会長、草野さんの案内で、宮古の街を巡りました。駅前はとても人が多く、賑わっているなあと感じたのですが、いざ港の周辺へ行くと状況は一変。人はほとんど歩いておらず、津波で流されて、土台だけが残った家ばかりが残っていました。市街地が被害を受けておらず、港の周りが被害を受けているのは久慈市と同様ですが、久慈市はここまでの被害を受けていません。

 津波の被害を受けた宮古市の様子(橋の上から俯瞰して撮影)

 聞くところによると、このように土台だけ残った家というのはとても厄介だそうです。なぜならば、家を再建するためには、この土台をすべて取り除くという工程を挟むからです。かさ上げをする時も同様です。これは民家だけでなく工場にも言えることで、手間とコストがかかり、街の復興・復活への、大きな妨げになります。では、再建するために、土台を取り除くとしましょう。そうなるとその土台はどうなるでしょうか。もちろん、がれきとして処分されます。つまり、今日問題となっている、がれきの広域処理の問題にも繋がるのです。

 岩手県は平成24年3月末までにがれきの全撤去、平成26年3月末までに、全部の処理を目指しています。宮古市も例外ではなく、東京都による広域処理に対する協力を得ているといっても、まだまだ処理するがれきは残されています。しかし、これら住宅の土台を撤去しようとすると、またがれきの量は増えるのです。すなわち、現地の復興は、また遅れることとなるでしょう。

 そのままになっている土台。このすぐ裏は、海となっています。

 だから、がれきを東北の各県だけではなく、日本の至る所で処分しなければならないといけない、と声を大にして言いたいです。これこそ助け合い、昨年の流行語大賞トップテンに入った、「絆」ということではないのかな、と自分は思います。宮古だけにとどまらず、この震災で生じたがれきの処理を受け入れてくれる自治体は、少ないのが現実です。状況はすぐに好転せず、きっとまだ、この件の解決には時間を要するでしょう。それでも、早くがれきの処理がなされることを、切に願います。

 

さて、これは仮設住宅の写真です。

仮設住宅ハウジングメーカーが作った仮設住宅は、壁が緑色に塗られている。

この仮設住宅は景勝地・浄土ヶ浜から車で数分のところに位置しています。おそらく、岩手県は山間部が多く、なおかつ海沿いを避けようとした結果、観光地のそばでも、仮設住宅を建てるとこととなったのでしょう。仮設住宅を建てる土地がないことがうかがえます。

仮設住宅にもさまざまな問題があります。集合住宅みたいに密集しているところがあれば、10戸ほどでポツンと設置されている仮設住宅もあります。バス停の近くにあるところがあれば、バスが通っていない場所に設置された仮設住宅もあります。高校に通うため、駅まで他の人の車に乗せてもらう・・・という学生もいるそうで、とても不便を強いられている状況です。

つまり、仮設住宅ひとつとっても、格差があるということなのです。もとの場所に家を建てることができるなら、問題はありません。しかし今回は海沿いの、元あった場所に家を建てることができるか。それが焦点となっていて、すぐに建てることはできないでしょう。

 阪神淡路大震災の時は、仮設住宅から住民が退出するのに、5年近くの時を要しました。おそらく、今回の震災では、もっと時間がかかるのではないか。自分はそう考えています。ともかく、今は地域の住民の方との話し合いの時期。慎重に議論を、進めてほしいものです。

 三陸屈指の景勝地・浄土ヶ浜。

1 コメント “がれき処理と仮設住宅の問題”

  • 前原 慎吾 2012年3月17日 11:33 AM

    瓦礫処理の問題はまだまだ深刻な問題ですね。ですが、つい先日また1つの県が瓦礫の受け入れを承認してくれるニュースを聞きました。このようにどんどん瓦礫の受け入れが進んで、一刻も早い復興に繋がればいいですね。